FC2ブログ

ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫を轢きかけた話

2006/03/02 23:36 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(89) Edit

 猫を轢きかけた。こっちの車が目前に迫っているのに、やつめ、のうのうと道路を横断していやがったのだ!(なんだかよく分からない小説ふう)
 道路は久々の雪でまだらに圧雪状態。ブレーキを踏んだらこっちが危ない。
 クラクションを鳴らしたら、初めて気付いたようにびくっと立ち止まったので、横をすり抜けた。
 猫も雪道に気をとられていたのであろうか……。

 とにかく、我が戦績に新たな一頁を加えずに済んだ。ああ、やれやれ。

※我が戦績
 ・リスの轢殺者(だって急に出て来るんだもん!泣)
 ・うさぎ跨ぎし者(戻ったらいなかったので、死にはしなかったようだ。タイヤの間をすり抜けたのであろう……)
 ・蛙圧殺者(未確認だが雨の日に絶対やってるはず)
 次点:こないだ、子狸(たぶん)とちょっと危ないランデブー。

 ちなみに私は経験がないが、蛇を轢くとすごいらしい。「痛い痛い!」と潰れていない部分がのたうつそうな。
 コワイ。

 みなさんも、車を運転するときは小動物にお気をつけあそばせ……。

迷惑TB対策への呟き

2006/02/04 02:18 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(8) Edit

FC2インフォメーション「ブログURLを含まないトラックバック制限について」

 ああ、こんな機能がうそ日記(アメブロ)にもあったらいいなあ。これでかなりの○ダルトTBは防げそうな気がする(マダルトTBではない。念のため)。
 というか、今回の対策以前に、FC2のこのブログには1回もその手のTBはついたことがない気がします。運営側に要望を出したことはありませんが、なんとなくアメブロよりFC2のほうが好感度高いです(アメブロの好感度がやや低いだけ、か?)。
 それにしても、なんでアメブロはあんなにもりもり変なTBが来るのだろう。最近タイトルが巧妙になってきて、クリックして嫌な思いをすることも多いです。
 いいところもいっぱいあるのに、どうにかならぬものか…。

最近読んだ本めも

2006/01/24 22:20 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(2) Edit

なぜか数年ぶりに読書週間。一口感想。

<小説>
『魔女の宅急便』 (角野栄子, 林明子画)
『魔女の宅急便〈その2〉キキと新しい魔法』 (角野栄子, 広野多珂子画)
『魔女の宅急便〈その3〉キキともうひとりの魔女』 (角野栄子, 佐竹美保画)
 前から読んでみたかったので。ようやく。2巻まででよかった、かな。

『みどりのゆび』 (モーリス・ドリュオン, 安東次男訳)
 よーいーこーのーおーとーぎーばーなーしー。ひねくれ心で読むと「世の中こんなにうまく行くわけないよ。けっ」だが、最後に納得の結末が待っている。ちなみに私がこの本を買ったきっかけは、『カウボーイビバップ』のノベライズにちらっと出てきて気になっていたから。我ながら何か変(爆)。

『王妃の離婚』 (佐藤賢一)
 まったく知識のない世界が舞台で、序盤3分の1は少々読みにくかった。が、主人公が立ち上がった瞬間から一気に物語に引き込まれた。読み応えがあって堪能いたしました。そして、こういうマニアックな世界を舞台にした作品が直木賞になって、世の中のけっこう多くの人が読んだのか…とちょっと驚いた。というか自分、直木賞作品を読んだのって、これが初めてかも…。

『容疑者Xの献身』 (東野圭吾)
 殺人を隠そうとする者とそれを暴こうとする者の知恵比べ。ホームズとモリアティ教授の対決を髣髴とさせる(ってあんまし覚えてないけど)。確かにすごい。すごく面白かった。ノンストップで一気読みしてしまった。あれだけトリックを積み重ねておいて、更に最後でまたひっくり返すのだものなあ。
 期せずして直木賞作品を連続で読んでしまった。王妃の離婚は読み応えがあって「物語を読んだ!」と満腹気分になったが、エンターテインメント性というか、爆発的な面白さではこちらの方が勝る気がした。ま、比べられるジャンルの話でもないのだろうけれど。

<マンガ>
『イヴの眠り』全5巻 (吉田秋生)
 BANANA FISH→YASHA→今作と、作を追うごとにマンネリ化している気がした…。読むほうが慣れてしまうのかなあ。そしてなんだか久しぶりに吉祥天女が読みたくなった。

『医龍』1~10巻 (乃木坂太郎, 永井明)
 ブラックジャックによろしくあたりと一緒に読むとよいかもしれない。

管理人バトン

2006/01/21 01:06 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(2) Edit

「お話の卵 from ふみかばん」の広河陽さんから、管理人バトンをいただきました。広河陽さんの創作オンライン小説サイト「ふみかばんのほーむ」では、本格的なSFやファンタジーの長編・短編など、たくさんの作品を読むことができます。

 ところで、この管理人バトン……。
 以前やった名前バトンと前半の設問が似てるんですけど……。
 rizwordsがウィザードリィで使っていたビショップの名前だとかなんとか、また書けと言うのか!(ってか書いてるし!)
 前回の丸写しもなんだから何か捻ろうかと思いましたが、そんなことを考えているうちに時がどんどん過ぎていくので、もうそのまま行ってしまいます。芸の幅が足りなくてすみません。フォーーー!(ゲイちがい)

※なお、このバトンの「サイト」は、メインの想像妄想空疎空想うそ日記を指します。

01)貴方のペンネームと由来は?
 ペンネーム(どちらかというとHNか)はrizwords。ふりがなはリズワーズ。
 ブログ開設時ののIDをそのまま使っています。お話系ということで、登録時はrizとwordsと区切りましたが、今はめんどくさい(そしてある意味恥ずかしい)のでくっつけて使用。

 あんまり思い入れも愛着もなかったりします。
 なおハンドルネーム占いによると、プチ改名するなら「モー娘。」ふうに「rizwords。」と「。」を付けるとよいそうです。よかった。カルボナーラrizwordsとかじゃなくて。

02)貴方のサイトの名前と由来は?
 平仮名にすると「そうぞうもうそうくうそくうそううそにっき」。「うそ」がいくつ入っているか数えてみよう!
 というわけで、うそオンリーです。韻を踏んでいます。実はDJ RIZと言えば、Hip Hopのその筋のラッパーたちに一目置かれる存在なのです(うそ)。

03)貴方のサイトの見所は?
 うそ日記しか置いていないので……うそ日記。
 よく来たね、さあ、たんと召し上がれ、うそ日記を。さあ、さあ!

 読んでいる最中に「そんなわけあるかい!」と突っ込みたい気分になっていただければ、私としては御の字でございます。

04)今のサイトは何個目?
 アメブロが初めてです。
 ちなみにHTMLとか、自力でHPを作るような知識は全くないので、ブログだけ。
 そしてよくあるパターンで、慣れてきてハマったころに更にあちこちいくつかブログを開設しました。しかしもはや更新していない死にブログの山も……。

05)現在取り扱ってるジャンルは?
 読み物の長さのジャンルは、ショートショート……というには短いのだよなあ。
 しかも私、星新一をほとんど読んだことがないし、一冊も持っておりません。オチで一泡吹かせる気もさほどないので、SSと言いきるのも気が引けます。
 一応は超短編になるのかなと思っているのですが、超短編ってもっともっともっとわけが判らない小難しい作品、らしいし。
 うそ日記はうそ日記で、アメブロで書籍化されるきっかけになった元祖うそ日記がおられるし。

 だ、誰か教えて下さい……(爆)。

 読み物の内容のジャンルとしては、不条理、えせファンタジー、一見メルヘン、微妙に怪奇、ミステリー風味、いんちきSF、etcです。
 つまり何が言いたいのかって?
 何もかもが中途半端ってことさ。ふっ。

 風街物語に憧れつつ、一千一秒物語の匂いを嗅ぎ取られつつ(まんまバレバレらしく、けっこう指摘される)、アタゴオル物語とドラえもんと宇宙家族カールビンソンあたりに「インスパイアされ」て「オマージュを捧げ」まくっております(笑)。

06)次に回す人
 ここはバトンの終着駅。
 もしこの設問で記事を書いてみたい方がおられたら、ご自由にお取りください。

2005年に読んだ本ベスト10バトンを供養する

2006/01/09 15:59 ジャンル: Category:雑記
TB(2) | CM(14) Edit

 つなさんから、「2005年に読んだ本ベスト10バトン」をいただきました。
 って、去年読んだ本……? しかもベスト10? つまり、何十冊も読んだ中から選ぶとなると……?
 去年はブログを始めてからこのかた、暇さえあればずーとブログばかり眺めていました。昨日も今日も寝不足です。
 いつ本を読めというのだ!(逆上)
 というわけで、せっかくいただいたバトンではありますが、雪に埋めるといたします。

 すいませんねえ。持ち帰る途中でどこかに落としちゃって……(しらじらしく)。

 バトン供養がわりに、最近読んだ乏しいタイトルでも挙げて誤魔化しておくとしますか……。

<2005年に新しく読んだ本から>
1.『夢織り女』 (ジェイン・ヨーレン)
 いつもお邪魔しているとらさんの書評をきっかけに読んだ。その流れで『光と闇の姉妹』『白き女神』(続き物)にも手をつけたが、「本編の物語」、「神話」、「伝承」、「後世の歴史学者による学説」が入り混じっていて、異世界叙事詩情緒(なにそれ)はたっぷりだけど、ちょっと読みにくかった。短編集のほうが好き。

2.『チョコレート工場の秘密』 (ロアルド・ダール)
 映画を観たので。

3.『本の雑誌血風録』 (椎名誠)
 椎名誠独特の~的~的を連ねる表現(圧倒的暴力的絶対的に旨いラーメンとか、そんなの)を身に付ける経緯などが分かって面白かった。たまたま一緒に買った『もだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵』が、ちょうどこの本で語られていた時期の作品で興味深い。

4.『不肖・宮嶋 踊る大取材線』 (宮嶋茂樹)
 フリーの報道カメラマンによる実録エッセイなのだが、文章がうまくて笑える。スクープ写真を求めて潜入取材を敢行したり、オウム真理教のキャンプを追って島に渡ったり。カメラマン仲間のエピソードでは、高速道路でカーチェイス中に、運転手本人が運転しながら窓を開けてターゲットを激写!という話がすごかった。

5.『アラビアの夜の種族』 (古川日出男)
 昔々に出た『砂の王』というゲーム小説が出版社の事情で1巻で止まってしまったのを、物語をアレンジしてもう一つの大きな物語の中に劇中劇としてはめ込んだ作品。人を撲殺できそうな厚さのハードカバーなので、図書館に買ってもらって読んだ。ゲーム的な地下迷宮をゲームの設定を借りずに描こうとすると、こうなるのね……。アラビアンナイトを思わせる物語で、これはこれとして凄い作品なのだろうと思う。だが『砂の王』でひいきのキャラクターが天然ボケのお兄さんになってしまっていた。いろいろ問題があってああなってしまったのだろうが、やはり最初のやつを書き進めてほしかった……と思うのは贅沢か。

おまけ.『クモの宮殿』(リチャード・ヒューズ)
 うそ日記で読みもせずにネタにしたので、この機会にせっかくだからと読んでみた。子供たちに語り聞かせた話をそのまま紙に落としたとのことで、かなり奇想天外な展開。本として読むには、もう一練りしてほしいかな……。読後感が妙にもやもや。


 ……………………。

 ……うえー、少ないなあ。
 あとは面白かったというときのこや酒の本とか、ベリーの育て方の本とか、再読か漫画か。
 自分ってこんなに本を読まない人間だったっけか……。

 まあ、このバトンが回ってきた理由は、私の読書傾向を知りたいのであろうと勝手に解釈して、残りはわりとよく再読するタイトルを挙げておきまする。なので昨年も読んだということになるのだ。

<再読・漫画>
6.『風街物語』 (井辻朱美)※哲学書房版。未収録話を含む完全版があるらしい。
 このひとはもっと小説を書いてほしい。書いて。

7.『名誉のかけら』 (ロイス・マクマスター・ビジョルド)
 SFは苦手だけど、このシリーズは楽しく読める。ただ「マイルズの話」はちょっと飽きてしまって、『天空の遺産』のあとは買っていない。

8.『影との戦い』ゲド戦記Ⅰ (アーシュラ・K・ル・グイン)
 昔っから魔法使いが好きなのだよなあ。
 ほかに、エルリックとかディルヴィシュなんかもかっこええのう(←彼らは魔法使いではない!)

9.『死の舞踏』に収録の『海賊船長スローターボード氏』 (マーヴィン・ピーク)
 奇人変人博覧会。船上大運動会は何度読んでも素晴らしい。最後の競技「水平線まで泳ぐ」が実施されなかったのが悔やまれる(うそ)。

10.『藤子不二雄SF全短篇』 (藤子・F・不二雄)
 もちろん漫画。1巻だけ持っていたのを、昨年ようやく残りの2冊入手。堪能~。
 ほかに漫画は、人に薦めるなら無難に『D-LIVE!!』『PLUTO』。あと『金色のガッシュ』『ONE PIECE』あたりも好んで読みます。お子ちゃま。
 というか最近、漫画しか読んでないかも……。

<今年読みたい本>
 今年はもう少し読むつもり……が、つもりつもっております。
 昔のハヤカワFT~積ん読の~山~♪
 探して買ったのに読んでいない『魔王子シリーズ』(ジャック・ヴァンス)はいい加減に読んでしまいたい。あとイロモノの香り漂う『黄昏の戦士シリーズ』(E・V・ラストベーダー)とか……。
 ほかに、よくお邪魔するブログで話題になっている佐藤賢一、南條竹則も、機会があればと思うています。
 あとは、本を買うお金がありますように。(それで読むのを中断しているシリーズものも多かったり。しくしく)。

 しかし、古くて軽いのばっかりだのう……。
 要は新規開拓をさぼって、学生時代に薦められた作家や昔から好きな作家をぽつぽつ読み進めていたのが、そこから広がらずにだんだん先細ってきた感じです。
 読書は一人でするものだけど、中途半端な本好きにとっては薦めてくれる人の存在も大事なのかもしれませんね。

 というわけで、つなさん、そしてとら軍団(片仮名にするとアメブロタイガース?)のみなさま。今年も頼りにしております。

 こんなんでいいかなあ。
 TBはやめておこう……(笑)。

※1/12追記:トラ返はすることにします。気まぐれな私。

はっぴーにゅーいやー

2006/01/01 13:07 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(20) Edit

年賀

New Year's Greeting でござる。

 あけましておめでとうございます。

 最近写真ばかりで、ブログタイトル変えたほうがいいかな…的な雰囲気になっておりますが、メインの想像妄想空疎空想うそ日記ともども、本年もよろしくお願いいたします。

メリークリスマス!

2005/12/24 21:34 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(0) Edit

クリスマスカード

Merry Christmas to you!

聖なる夜を、心静かに過ごされますように……。

変な写真の撮りかた 其の弐

2005/12/23 23:42 ジャンル: Category:雑記
TB(1) | CM(0) Edit

宇宙と書いて「そら」と読む的写真

↑の撮り方。

 お待たせしました!
 ついにえせ天体写真の撮り方の時間がやって参りました!
 ※ちなみに其の壱はコチラ

 これは……。
 これは――!!

 雪です。

 大雪の日にでも試してくださいね。

 それじゃあ、シーユー!



大雪の恩恵

2005/12/23 12:23 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(0) Edit

雪化粧した木

雪化粧した木

 スキー場のリフトから撮りました。曇っていたので、色がいまいち。
 んー、斜度がきついところや風が突っ走るところはまだ少しブッシュがありましたが、雪質はよかったです。
 年内に滑りに行けるとは思っていなかったので、楽しめました。
 大雪で難儀なさっているかたも多いとは思いますが、防寒用品・暖房器具業者とスキーリゾート関係者は大喜び、でしょうか。(きのうニュースでコートや持ち帰りできるミニストーブが売れていると言っていた)
 まあよろし。
 中学生あたりで靴がきつくてやめて、数年前に再開したばかりのへたれスキーヤーなのですが、それなりに好きなのです。
 今シーズンは何回行けるかな~♪

内容惨憺二転三転

2005/12/21 00:18 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(2) Edit

 うー。
 順当に行けば『変な写真の撮りかた 其の弐』をお送りする予定でしたが、もう1日2日引っ張ることにしました。
 同じ写真が一日おいただけで出るのってどうよ…と急に思ったわけであります。
 楽しみにしていた人、ごめんなさい。
(まあそんな人いないと思うけど←なぜか←ここ人来ない←むべなるかな←?)
 で、空いちまつたコンテンツ。

 行きますか…。
 ことばあそびの国でも。

 ええと。

 美佳が民家でみかん見かけた三日前、未完の民間マンション耐震強度偽装…。

 あれれ。途中から違う世界に(爆)。

 仕方ないので、本日は名作紹介。

●谷川俊太郎の『ことばあそびうた』

(以下引用 ※アマゾンの紹介文より)
かっぱかっぱらった かっぱらっぱかっぱらった とってちってた
かっぱなっぱかった かっぱなっぱいっぱかった かってきってくった

(引用ここまで)

 といったような愉快で素敵な言葉遊びがいっぱいです。
 子供の頃、すごく好きでした。もちろん今も好きで、若干あやふやながら、そらで言えるものもいくつかあります。
 おすすめです。

 名作紹介、おしまい。

 …それにしても。
 なんで、書評ブログの方々はあんなにいっぱい本について深く語れるのだろう…。
 本への愛の量が違うのかなあ。
 もしくは、脳みそのしわの量…?

 ひゅるる~~~(北風)。

 以上、飲酒ブログふうにお届けしました。


<飲酒ブログとは>
 酒を飲んでブログを書くこと。文章も内容も支離滅裂になるほか、気が大きくなって口(手)を滑らせ、余計なことを書く可能性が高い。やめたほうがいい――だそうです。

 まったくだ…(をい)。

プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。