ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫を轢きかけた話

2006/03/02 23:36 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(89) Edit

 猫を轢きかけた。こっちの車が目前に迫っているのに、やつめ、のうのうと道路を横断していやがったのだ!(なんだかよく分からない小説ふう)
 道路は久々の雪でまだらに圧雪状態。ブレーキを踏んだらこっちが危ない。
 クラクションを鳴らしたら、初めて気付いたようにびくっと立ち止まったので、横をすり抜けた。
 猫も雪道に気をとられていたのであろうか……。

 とにかく、我が戦績に新たな一頁を加えずに済んだ。ああ、やれやれ。

※我が戦績
 ・リスの轢殺者(だって急に出て来るんだもん!泣)
 ・うさぎ跨ぎし者(戻ったらいなかったので、死にはしなかったようだ。タイヤの間をすり抜けたのであろう……)
 ・蛙圧殺者(未確認だが雨の日に絶対やってるはず)
 次点:こないだ、子狸(たぶん)とちょっと危ないランデブー。

 ちなみに私は経験がないが、蛇を轢くとすごいらしい。「痛い痛い!」と潰れていない部分がのたうつそうな。
 コワイ。

 みなさんも、車を運転するときは小動物にお気をつけあそばせ……。

犬は走り猫は止まる
そうそう。犬は、さーっとすっとぶように走るけど、猫は車が接近するのに気がつくと、立ちすくみますねえ。
先日も、出勤途中に見ました。立ちすくむ猫!
急ブレーキの車!(さすがにこちらは雪道ではないので)。
運転していたのは30そこそことおぼしき女性であった。
さぞかし心臓に悪かっただろう。
でも、猫が無事で(運転者も猫も)よかったよかった。
そう考えると、rizwordsさんの場合はもっとスリリングだったわけですねえ。(なでなで)
[ 2006/03/04 21:13 ] [ 編集 ]
>デッドオアアライブ
とらさん、いらっしゃいませ。
猫は逃げている途中でも、つい振り返って確認するクセがあるようですね<そんなことをしている暇があったら逃げれ
都会は都会で、野良猫が多くて引っかける危険も多そうです。
なおわたくし、雪道を走っているときは、基本的に「何か飛び出してきたら轢くしかない」という意識で運転しております(笑)。運が頼り。
[ 2006/03/04 22:57 ] [ 編集 ]
獣と車
↑の表題で、ハードロックが聞こえてくるような」(笑)。
都会のどまんなかも、あまり野良猫は見ないのですが、私が住んでいる郊外の方では、昔に比べて、いろいろな理由で猫を外に出さない家が増えたようです。
それでも、いるとこにはいるんだけど、子供の頃ほど見かけません。残念。
雪道は、確かに。ブレーキきかないし、下手にブレーキ踏めないし!
rizwordsさんとこだと、どんな獣が出てくるかもスリリングでは?
都下の西の山側では、毎年1~2度、バイクなどが「いのしし」とぶつかって交通事故、なんて三面記事があったりしたのですが(最近は新聞とってないからわからん)、重量級の動物は、とびだされると人間も危ない。
そうだなー。
虎とか。ゴジラとか。
[ 2006/03/05 18:15 ] [ 編集 ]
>消えた猫
>とらさん
そう言えば最近は、猫にもリードを付けて散歩しているとかいう話も聞きますね。
>どんな獣が出てくるかもスリリングでは?
そんなにしょっちゅうは遭いませんよ~(笑)。周囲の人間の話を総合すると、数が多くなりますが、自分が「おッ?」と思う遭遇は数年に1度くらいです。
>虎とか。ゴジラとか。
せいぜい、熊がいいところでは…!笑
それとも、まさかぬいぐるみのようなとらが飛び出したり…?
[ 2006/03/07 01:22 ] [ 編集 ]
ぬいぐるみのようなとらが
とびかかったり!(じゃーんぷ!)
rizwordsさんを雪の上に押し倒し!
……って、雪が溶けたらこれは危ないですねー。
[ 2006/03/07 22:45 ] [ 編集 ]
>押し倒されるというよりは
>とらさん
動物と遭うときは、たいてい車ですよ!
どーん!(衝突)
しかし、言い伝えによると、熊と当たると乗用車は廃車になるという……<とらは?
[ 2006/03/09 00:04 ] [ 編集 ]
とらとあたると
どうなんだろうなあ(笑)。
生虎は、生息地によっても体格が違いますが、「とら」のモデル(?)である、アムール虎でいうと、体長が2~3m。
体重も200~300kgほどあるらしいです。
さあ。自動車とどっちが強いだろう!
(どーん!)
[ 2006/03/09 22:07 ] [ 編集 ]
>最強の証明
>とらさん
体を張って試すのですか!?笑
せめて私の車じゃない相手と戦ってください~。
>体長が2~3m
それだと、ツキノワグマよりは大きそうですね。
あ、でもこないだのNHKの番組では、熊が来たら立ち去っていましたっけか。
すると、熊>とら>自動車?
これじゃ自動車が一番弱くなってしまう…!笑
[ 2006/03/10 00:44 ] [ 編集 ]
クマが来たら
立ち去る。それはきっと、腹が減っていなかったのですよ。
とらのが強いんだい!(強く主張)。
でも、むやみには殺さないのです。
おなかが減っていれば、食べます。
クマはうまそうです。(うまいにちがいない)。

え。自動車?
弱いよね? (えっへん!)
[ 2006/03/10 21:39 ] [ 編集 ]
>とら最強説
>とらさん
あああ、私の車があ~…(ぺしゃんこ)
じゃあ、とら≧熊>自動車>人、あたりで手打ちということで…?笑

ちなみに先日、近くではないのですが県内に獣肉を食べさせてくれる店があることを知って、行って鹿刺しを食べてきました(しかし後でよく考えたら、寄生虫が心配…汗)。
予約すれば熊鍋も食べられるらしいです。食べてみたい…。
[ 2006/03/11 00:33 ] [ 編集 ]
獣肉
おおー、高くなかったですか?
しかし、鹿肉を刺身で出す店があるとは。興味深いです。
熊鍋も食べてみたいですねえ……。
[ 2006/03/11 21:28 ] [ 編集 ]
>お手頃価格
>とらさん
それが、安いのです。なぜなら、自分で鉄砲を撃って獲った獲物だから…<だから、刺身はちと不安(汗)。
まあ一ヶ月近くは冷凍した肉らしいので、なんとか大丈夫かな、とも思うのですが。あっさりしていてクセのない肉でした。
メニューになかったのではっきりしたことは分かりませんが、熊鍋は4人で1000円くらいから作るよ、という話でした。安!
[ 2006/03/12 01:35 ] [ 編集 ]
自分でとった獲物?
むむむむ……(笑) すごい(笑)。
しかし、冷凍しておいたから大丈夫なのかは、たしかに、ちと不安が残りますね(汗)。
体調に注意。
でも、安いのはいいなあ。4人で1000円からって、ほんと、激安です(汗)。
[ 2006/03/12 23:04 ] [ 編集 ]
>心配
>とらさん
>冷凍しておいたから大丈夫なのか
鮭のルイベと同じようなものでしょうか<冷凍で寄生虫を殺す
そんなにしょっちゅう「当たり」は出ないとも思うのですが、だからと言って生肉は危険を冒してまで食べたいほど好きな「料理」でもなく…。
あ、でもとらは生肉、でしたか?笑
[ 2006/03/14 21:17 ] [ 編集 ]
なまにく
うん、やはり、好きですねー(笑)>なまにく
しかし、寄生虫はやっぱ怖いです。
まあ、そんなにあたるものではないでしょうけど(笑)。
[ 2006/03/14 22:03 ] [ 編集 ]
>肉は焼肉
>とらさん
人の皮をかぶっているとき(?)も、生肉好きなのでしょうか。私はレバ刺しやユッケも食べられますが、あまり好きではないのです。
>しかし、寄生虫はやっぱ怖いです。
まったくです。
一応保健所が飲食店として許可を出しているから大丈夫…
と、自分に言い聞かせております(笑)。
そう言えば先日、あさりよしとおの「ただいま寄生虫」という漫画を古本で見つけて懐かしくて買ってしまいましたが…やっぱり寄生虫は嫌! うー。
[ 2006/03/14 23:58 ] [ 編集 ]
にくすき
寄生虫は、きもちわるいですからねえ(笑)
私もあまり、かかわりたくはないです。
冷凍してあれば大丈夫でしょう。うん。きっと。
保健所の許可も、寄生虫事件があったら取り消されるでしょうし(‥
[ 2006/03/15 22:19 ] [ 編集 ]
>肉は好き!
>とらさん
>保健所の許可も、寄生虫事件があったら取り消されるでしょうし(‥
どうなのでしょう。飲食店で食べた鯖でアニサキスにやられたりしても、やっぱり取り消されてしまうのでしょうか。まあ少なくとも客足は遠のきそうですが…。
ちなみに東京の寄生虫博物館って今もあるのでしょうか。ちょっと興味があります。
って、キライと言いながら寄生虫の話をやめない自分…(笑)。
[ 2006/03/15 23:55 ] [ 編集 ]
飲食店でやられた場合
寄生虫が、という事例はさすがに聞かないのですが、
食中毒の場合、原因が飲食店に特定された場合は、保健所から調査が入ります。
その結果によって、指導で終わったり、営業停止になったり、許可が取り消されたりするはず。いずれにせよ、
「あの店でショクチューが出た」
と噂になれば、当然客足が遠のきます。チェーン店だと、チェーン全体に迷惑がかかる可能性があります(汗)。
なので、どうも店の客がなにかにあたったらしい……となると、本社から部長クラスが菓子折(高価)などを持って、即座に走ります!
[ 2006/03/17 21:40 ] [ 編集 ]
>とらさん
略すとショクチューなのですか(笑)。
弁当屋なんかは死活問題だと聞きますね。客足が遠のく上に、営業停止は3日間でもその間に他の業者に仕事を取られてしまうとか…。
生もの(刺身)を扱う飲食店なんかは、特に大変なのでしょうねえ。
[ 2006/03/17 23:25 ] [ 編集 ]
一番こわいショクチュー
大衆的な飲食店ほどある意味大変かもしれませんね。弁当屋とか居酒屋とか。
で、やはり植物より動物系の食材であたる方が大変らしいんですよ。刺身などもそうですが、ツナサラダとかチキンサラダとか棒々鶏みたいな冷肉系とか。(このなかのひとつを具体例として知ってたりします)。
ちなみに、鳥肉は、冷たすぎず熱すぎない、ある微妙な温度帯が一番危ないのだそうで。
[ 2006/03/18 21:45 ] [ 編集 ]
>なまぬるい肉
>とらさん
>ツナサラダとかチキンサラダとか棒々鶏みたいな冷肉系とか
火を通していても危ないのですね。意外な感じもしますが、作り置きになるからでしょうか。サルモネラ菌あたりでしょうか?
あ、そういや、こないだササミの刺身食べました…(←生肉キライじゃなかったのか。笑)
[ 2006/03/19 01:31 ] [ 編集 ]
記憶によると
鳥肉の場合、茹でたりとか、過熱したものであっても、冷凍などして、それを解凍している時、ある温度帯になると繁殖してしまう菌がいるのだそうです。いや、名前は忘れてしまったんですけどね。
で、その温度帯のまま喰うとやばいらしいです。
病院に入院ものです(げー)。

ササミの刺身。うまいらしいですね~。わさび醤油で喰うのが。
[ 2006/03/19 18:28 ] [ 編集 ]
>入院もの!
>とらさん
危ない菌なのですね。棒々鶏はおいしいのに~。
もしや鶏インフル…?←それは死ぬ

ササミの刺身はあっさりしてクセがなかったです。あと、火を通した時のようなぱさぱさした感じはなくて、やわらかかったですね。食感はマグロの赤身とホタテ貝柱の刺身の中間くらい…か?(どんなんじゃ!笑)
酒の肴によさそうでした。
[ 2006/03/21 15:51 ] [ 編集 ]
鶏インフル
いや、それは別の病気ですし!(笑)
食中毒もたちの悪いやつは死ぬとかいいますが(O-157とか)、インフルエンザも怖いですね。

鳥肉のタタキは喰ったことがあるのですが、カツオの場合も私はあまりタタキは好きじゃあないんで、やっぱ刺身で喰ってみたいなあ。
良い日本酒の肴として、なんてのがいいのかなあ。
わさび醤油だし。
[ 2006/03/21 20:35 ] [ 編集 ]
>とらさん
そうか、鶏(鳥?)インフルエンザは食中毒とは違いますね(笑)。人に感染したというニュースのときはだいたい何人か亡くなっていますし、かなりの致死率なのでしょうね…。

鳥刺身は居酒屋で食べました。私自身は日本酒は苦手なのですが、日本酒に合いそうだなあ、と思いました(笑)。
私はカツオは刺身よりたたきの方が好きです。大量の大根おろし&薬味をたっぷりきかせて…ああ、食べたい~。
あれも清く正しい焼酎や日本酒の友という感じですね。
[ 2006/03/21 23:51 ] [ 編集 ]
かつおを喰うなら
良い醤油に、生姜とにんにくと青ネギの刻んだのをたっぷり入れ、
かつおは1切れにつきしその大葉1枚でくるみ、
どっぷりと上記の醤油(と薬味)をつけて、
がぶっと喰います。
厚切り希望。
[ 2006/03/22 00:59 ] [ 編集 ]
>良い醤油悪い醤油
>とらさん
醤油にもこだわるのですか。醤油をつけたら炊き立てのご飯に乗せても旨そうですね! むむむ。
ちなみにうちは、厚切りのかつお(たたきでも刺身でも可)の真ん中に切り込みを入れて、間に薬味&大根おろしをサンドイッチ状に挟んでいただきます。うまー♪
[ 2006/03/24 21:55 ] [ 編集 ]
限定
ヒゲタ醤油の「本膳」に限ります(ヒゲタ醤油ので、本膳以上の特級品なら、もちろんなおよし)。キッコーマンは却下。
rizwordsさんとこの喰い方もうまそうですねえ。大根下ろしは大好きさ。
[ 2006/03/25 22:06 ] [ 編集 ]
>悪い醤油
>とらさん
ああっ!? うちはキッコーマンの特選丸大豆醤油でした(笑)。
却下されてしまったので、とりあえず「ヒゲタ醤油の本膳」をメモしておきます~。めもめも、と。
大根おろしは私も好きなので、多ければ多いほどいいですが……その際は自分がおろし役にならないことを祈ります(笑)。
[ 2006/03/26 00:09 ] [ 編集 ]
本膳
うちは昔から本膳使ってるんだけど、実家を立て替える時、一時的に社宅にいた時だけ、キッコーマンの丸大豆醤油使っていました。
でも、味が違うんだよー。
ヒゲタはお奨めです。ぜひぜひ(笑)。
大根下ろし、やはり手でおろした方がうまいみたいですね。大根1本全部おろして全部喰った個とあるなあ。
がしがしと、おろすのはけっこうへいき。
煮た大根も1本くらいへいきで全部喰うけど……って俺、もしかして大根好きなのか?
[ 2006/03/26 14:11 ] [ 編集 ]
>大根一本
>とらさん
煮物や大根おろし一本分! おいしいですが、水っ腹になりませぬか……(汗)。
ヒゲタ醤油はHPを見てきましたが、高級醤油ですね(ペットボトルじゃなくて、瓶だった!笑)。うちの地元で手に入るのかなあ。
考えてみれば味噌もものによってずいぶん味が違いますし(味噌汁の味が変わる)、醤油も違うのでしょうね。
[ 2006/03/26 22:00 ] [ 編集 ]
味噌と醤油と
調味料で味はすごくかわりますね!
味噌と醤油は、最たるものかもしれません。
うちはわりと、食事は質実剛健派なんですが、味噌と醤油だけは、ぜいたくしているのです(笑)。
大根1本。
さすがに、どでかいとだめかもしれませんが、けっこう、喰ってしまえるものなのです!(笑)
[ 2006/03/26 23:21 ] [ 編集 ]
>味噌も
>とらさん
高級品なのですか。
焼きおにぎりなんか作ったら、さぞかし旨いでしょうねえ。味噌味も醤油味も…(よだれたらり)
ちなみにとらさんは、大根の煮つけをおかずに、おにぎりもどっさり召し上がりそうな気が…?笑
[ 2006/03/28 20:22 ] [ 編集 ]
大根の煮たやつ
ああ。いや。おかずにはしないのです。
その場合は大根が主食です(笑)。
実は、子供の頃から、動物性タンパク質でないと、ご飯のおかずにできないのです!<しかも、ハムやらかまぼこやらといった加工品は、不可(好きだけどおかずにできない)。
でも、おにぎりだとおかずがなくても単体で喰えるので、確かに、両方ともたっぷり喰うかもしれません。たっぷり。たっぷり……
[ 2006/03/28 22:20 ] [ 編集 ]
>動物性タンパク質
>とらさん
ああ、なんとなく分かる気がします。野菜料理って、あまりご飯のおかずという感じではないですね。漬物ぐらいでしょうか。
ではペミカンをおかずにごはんを…(微妙)。
[ 2006/03/29 01:01 ] [ 編集 ]
その場合は
やっぱ、ペミカンが主食のような(‥
[ 2006/03/29 14:02 ] [ 編集 ]
>いったいぜんたい
>とらさん
どの場合なら、ごはんのおかずになるのですか…(笑)
[ 2006/03/30 01:14 ] [ 編集 ]
ごはんのおかず
ハムやベーコン、ソーセージのような加工をしていない肉。
あるいは魚。
または納豆。
以上がごはんのおかずとして認定されているものです!(笑)
[ 2006/03/30 21:14 ] [ 編集 ]
>ごはんおかず認定
>とらさん
なるほど。するとペミカンは加工肉に分類されてしまうのですね。
しかし肉、魚、納豆。
ごはんを何杯も食べそうなおかずです(笑)。
[ 2006/03/31 00:18 ] [ 編集 ]
ごはんを何杯も
2膳くらいですよ。つまり、1合程度。
平均して、ですが(笑)。
さすがに、高校の時のようには、食えないですねえ。(たぶん)
[ 2006/04/01 23:42 ] [ 編集 ]
>高校の時
>とらさん
男子高校生の胃袋と比べるのは間違いでしょう!>ブラックホール
でも、最後の(たぶん)って…(笑)。
[ 2006/04/02 14:39 ] [ 編集 ]
よく考えてみると
食べ盛りの、ピーク時と比べて、80%くらいかも。
成長期は、公式には終わっているのですが、空手があるからなあ。
[ 2006/04/02 16:31 ] [ 編集 ]
>公式記録
>とらさん
すると非公式、水面下では…?笑
そう言えば、2膳くらいと言っても茶わんとは書いてませんものね。
どんぶりだったのですか……(←1杯1合)。
[ 2006/04/02 22:28 ] [ 編集 ]
筋骨
茶碗の大きさは、ひみつです。<ふつうだと思うが
で、さすがに背丈がのびたりはしませんが、なんと筋骨は、老年になってすら、鍛える事ができるのだそうです。
つまり、地道に毎日、無理のない筋トレをしていれば、70はおろか、80歳でも、筋肉がついていくらしい。
もっとも、年を取れば取るほど、衰えるのも早そうですが。
[ 2006/04/02 23:56 ] [ 編集 ]
>マッチョ?
>とらさん
また、ひみつが…(笑)。
筋トレをすると寝たきり防止にもいいとか言いますね。動かさなければ衰えるし、動かせばそれなりに維持・増強できるということでしょうか。
目指せ! 齢80にして筋骨隆々!違
[ 2006/04/03 23:44 ] [ 編集 ]
マッチョな老人
沖縄の方で、長く空手を続けていて、5段6段7段8段9段10段……てな、高段者は、たいてい、お年を召しています(段が上になればなるほど、取得に時間がかかるので)。
みんな、すげーマッチョです。
かっこいいですよ、マッチョじじい。
沖縄空手、とくにうちの流派などは、鍛錬時、上半身ハダカになったりするんで、如実にわかります。
[ 2006/04/05 15:27 ] [ 編集 ]
>スーパーおじいさん
>とらさん
かっこいいのですか。そして10段ともなれば強いのでしょうねえ。
なんとなく、ドラゴンボールの亀仙人を思い出しました(古)。
[ 2006/04/06 21:07 ] [ 編集 ]
かっこいい
うわははは(笑)>亀仙人
あんなに飄々とはしていないのですが、強いし貫禄ありますよ。
[ 2006/04/06 21:13 ] [ 編集 ]
>なま老武道家
>とらさん
>強いし貫禄ありますよ。
ううむ。どんな感じなのでしょう。
お歳を召した武道家って、なかなかお見かけする機会がありません(若い武道家もですが。笑)。
[ 2006/04/07 22:10 ] [ 編集 ]
武道家
いかにも武道家~っっ というような外見の人はあまりいないですねえ。それは少年漫画と格ゲーの中だけの話かも(笑)。
いや、脱ぐとマッチョです。
これがほんとの、
「脱ぐとすごいんです!」
[ 2006/04/07 23:44 ] [ 編集 ]
>放送コード
>とらさん
>「脱ぐとすごいんです!」
そんなタイトルのコメントやTBが付いたら、速攻で削除します!笑
そうですか…。
さしずめ、
「アノ人って着ヤセするたちなの」
といったところですね…。>いまいち
[ 2006/04/08 21:18 ] [ 編集 ]
きんにく
ボディビルでつくりあげた、パンプアップされたマッチョとは、違いますからねえ。実際、衣服の上からだと、そんなにわかりません。
ごくふつうのおじさんとか、ごくふつうのおじーさんに見えてしまいます。
[ 2006/04/08 22:36 ] [ 編集 ]
>ふつうのおじーさん
>とらさん
そうやって、達人は市井に紛れているのですね。
それで、市民の危機には颯爽と現れて、鍛え抜かれた鋼の肉体で!<rizwordsの中で、何か変な妄想が進行しているようだ…
[ 2006/04/09 23:07 ] [ 編集 ]
沖縄の先生の言うことには
どの先生も、武勇伝を持っています(笑)。
タクシー強盗をやっつけたとか、
米兵やヤクザと喧嘩した(または威圧して追っ払った)とか……。
そりゃねえ。
普通のおじさんだろうと思ったら、いきなり腕をまくりあげて、
それが、岩のように鍛え上げたすごい腕だったとしたら。
はなから、北斗の拳のキャラみたいにマッチョであるより、怖いかもしれません。
[ 2006/04/10 20:59 ] [ 編集 ]
>武勇伝
>とらさん
ほんとにあるのですか~(笑)。漫画の世界みたい…。
米兵やヤクザが「覚えていやがれ~」とか情けない捨て台詞を残して立ち去る様子が目に浮かぶようです(笑)。
[ 2006/04/11 22:07 ] [ 編集 ]
ほんとうに
あるらしいんですよ~(笑)。
先生方は当然、ある一定年齢以上ということは、沖縄が日本に返還される前を知っているわけで……。(いや、そうでなくても米兵多いですけど)。
なんか、相手の米兵がちょっと気の毒になります。
あ、ヤクザは気の毒にはなりません。ヤクザはそれが仕事ですからいいんです(たぶん)。
[ 2006/04/11 23:34 ] [ 編集 ]
>米兵
>とらさん
若いときから武勇伝には事欠かなかったわけですね~。
でも、まあ、ヤクザはもちろんですが、米兵も老空手家が一肌脱ぐような「おいた」をしたわけでしょうし、自業自得?
[ 2006/04/12 21:37 ] [ 編集 ]
たぶん
あくまでも、たぶん~(笑)。
私が聞いた中で一番こらしめられて当然という相手は、タクシー強盗。
ヤクザも、まあ、しかたないだろうと(笑)。
でも、米兵はどうなんだろう。
先生がたの話でも、いまいち、曖昧だったような気が(笑)。
[ 2006/04/12 22:52 ] [ 編集 ]
>あれれ?
>とらさん
>でも、米兵はどうなんだろう。
ええ~??
老空手家も、若かりし頃は正義の味方ではなかったのでしょうか…笑
[ 2006/04/13 00:13 ] [ 編集 ]
結局のところ
本質的には、米軍は、占領軍だったわけですからねえ……
(まあ、それが、占領軍の運命というものなのです。たぶんきっと)。
[ 2006/04/13 21:33 ] [ 編集 ]
>占領軍
>とらさん
>占領軍の運命というものなのです
占領されている側の運命ではなく、占領軍の運命、というところがなんとも…!笑 かなり気の毒な目に遭ったのでしょうか。

そう言えば話は違いますが、「青森の空手家」の「秘伝書」って実在したのですね…。
[ 2006/04/14 23:49 ] [ 編集 ]
青森の空手家
おおっ。rizwordsさんもチェックされてたのですね(笑)。
mixi仲間内で大いに盛り上がった話題です。
で、私は直接見聞きしてはいないんですけど、K-1の選手だったかな、その「空手家」の構えを見て、「どう見ても、少林寺拳法」と言っていたとか。
ちなみに、その空手家は、空手じゃなく、「北拳派なんたら」という聞いた事もない流派を名乗っていたそうですが、少林寺拳法っつのは、中国のあれではなく、四国発祥の、日本式拳法なんですよ。
歴史は、60年くらいかなあ。
だから、なにかと、非常に、あやしげです……(笑)
[ 2006/04/15 21:30 ] [ 編集 ]
>空手家でもなく?
>とらさん
いやー滅多にない面白ニュースですよね(笑)。
テレビでは、空手ではなく気功がどうとか言っていました。
そしてさらにその人は違う、と空手家の奥様が言っているそうです。二転三転してますね。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060415k0000m040086000c.html
>少林寺拳法っつのは、中国のあれではなく、四国発祥の、日本式拳法なんですよ。
そ、そうなのですか(汗)。
二重三重にあやしくて不思議…。
[ 2006/04/16 14:32 ] [ 編集 ]
まぎらわしいのですが
一応、四国発祥の「少林寺拳法」はあやしーものではありません(笑)。名前がまぎらわしいですけれども。
でもって、全国に支部があるはずで、武道をやる人の間ではけっこう知られているのです。
それにしても、毎日新聞の担当デスク、今ごろどんな顔をしているのやら(笑)。
[ 2006/04/17 08:19 ] [ 編集 ]
>少林寺拳法
>とらさん
高校の同級生で、昔習っていた、という人がいました。戦うというよりは組み手の型を練習するのだとか聞いたような記憶がおぼろにあります。
マスコミが飛びついて、振り回された感じですね。ワイドショーでもやっていたようですし。
ピアノマン騒ぎを思い出しました(笑)。

レスが遅くなりすいません。今週ちょっぴり忙しくてばたばたしております…。
[ 2006/04/19 00:39 ] [ 編集 ]
気にしない
忙しい時は大変なのはお互い様ですから!(笑)
私も、自分のブログでコメントが遅くなったりします。
(自分とこのは内容を通知メールで見られる分、それができないよそさまのブログにコメント返す方が優先になってしまうのです)
[ 2006/04/19 21:33 ] [ 編集 ]
>とらさん
ふだんは滅多に忙しくないのですが…(笑)。
しかし、とらさんは忙しそうなときでも、必ず本を読んで記事を上げておられますよね。すごいなあ…。
[ 2006/04/21 23:41 ] [ 編集 ]
それはもう
一種の、意地というやつです(笑)。
とらいえず1つは、記事をあげる。
ただし、本を読むのは意地ではなく、日常です(笑)。
[ 2006/04/22 00:16 ] [ 編集 ]
>日常
>とらさん
うむ。読書は生活の一部なのですね~(笑)。
つなさんや書評ブロガーのみなさんも、みなそうなのでしょうね。
私の場合、読み始めるきっかけがあれば読むのですが、移動が全て車になってから本をあまり読まなくなりました。漫画は相変わらず好きですが、見事に活字離れしています…。
[ 2006/04/23 23:13 ] [ 編集 ]
移動の手段
ああ、これはでかいですよね。
車だと、本は読めないですし(運転していなくても、振動の問題がありますから)。
やはり、移動中に本が読めるといえば、一番は電車ですねえ。
[ 2006/04/26 12:31 ] [ 編集 ]
>車で本
>とらさん
バスや車で本を読むと、てきめんに気持ち悪くなります(笑)。
学生の頃は電車に15分くらい乗ったので、その時か授業の間の休み時間にちょこちょこっと読み始めて、面白ければそのまま家で続きを…という感じでした。
運転中は、知らないところに行くときに信号待ちで地図を見るくらいでしょうか…(←あぶない)。
[ 2006/04/27 23:09 ] [ 編集 ]
おそらく
鉄道は揺れがある程度規則的だけど、車はそうじゃないから……だと思います(笑)。もっとも、列車でも、揺れが激しい場合は、読むのつらいですね。
首都圏だと、京成だっけ、スカイライナー(成田に行く特急)が、本を読みづらかった気がします。今はかわっているかもしれないけど。
特急でなければ、首都圏は、あと、八高線と高崎線だな!
地図。いやー。知らないところを走るのに、カーナビがなければ、信号待ちの地図チェックは必須でしょう(笑)。
[ 2006/04/28 22:43 ] [ 編集 ]
>読書列車
>とらさん
トッキューは読みにくいのですか(それは違)。こちらは普通列車か新幹線なので、特急はなかなか乗る機会がありません。新幹線は読書に最適ですね(笑)。
>信号待ちの地図チェックは必須でしょう
必須です(笑)。でも現在地を確認して、行き先に繋がる道路を確認…って、けっこう間に合いません。けっきょく車を停める羽目になることが多いです…私がとろいのか…。
[ 2006/04/29 12:23 ] [ 編集 ]
とっきゅー
漫画の『トッキュー!!』なら一気に読めます、
ってそういう事ではなく(笑)。
やはり鉄道会社によるようです。
ロマンスカーとかは快適だし。
日本の誇る新幹線が、やはり一番、読書のためには良かったという記憶もあり(笑)。
[ 2006/04/29 22:43 ] [ 編集 ]
>新幹線
>とらさん
新幹線はときどきトンネルで耳がきーんとなる以外は、完璧です(笑)。乗る時間も1~2時間で、その点もゆっくり読書するのにいいですね。めったに乗りませんが…。
[ 2006/04/30 23:37 ] [ 編集 ]
1~2時間
ああ、たしかに、乗ってる時間もちょうどいいのかも。
それ以上の距離、新幹線乗るくらいなら、飛行機ですしね。
お弁当買って新幹線に乗る。
食べる。
本を読む。
するとほどなくして目的地に……!
理想的な移動です(笑)。
[ 2006/05/01 20:24 ] [ 編集 ]
>乗り物と読書
>とらさん
すると、日本全国を駆け回る忙しい営業マンほど、理想的な移動を繰り返しているから読書時間が増えていく…ということになるの、か?笑
実は私、飛行機は乗ったことがないのですが、飛行機は読書空間としてはどうなのでしょう。
いっそ「全国読書好適乗り物集」なんて本があれば…<売れそうにない
[ 2006/05/03 00:21 ] [ 編集 ]
飛行機
飛行機は気流と大きさと操縦技術次第の気がします(笑)。
てか、ふつうにジャンボジェットとかエアバスなら、よほど気流がひどいんでなければ快適に本が読めます。
ただ、夜時間だと機内が暗くなり、読書灯みたいなのが必要になるので、いまいちですけど……(そこまでしては読まない?)
[ 2006/05/03 23:02 ] [ 編集 ]
>とらさん
飛行機はより快適なのですね~。
スピードが上がるほど読書にはいいのでしょうか?笑
ヘリコプターは向かないですし…<乗ったら本を読んでいる場合ではない
>読書灯みたいなのが必要になるので、いまいちですけど……
もしや、やったのですか、とらさん…笑
[ 2006/05/06 00:00 ] [ 編集 ]
もちろん
やりました!(笑)
ドイツから帰国する時は夜のなかを飛んでおり、まわりはみんな寝ている。
で、その読書灯っぽいものを使って、ほとんど、本を読んでいました。
ちなみに、航空会社はルフトハンザでした。
[ 2006/05/06 21:47 ] [ 編集 ]
>どこでも読書
>とらさん
ああ、やはり~。
椎名誠は野営の夜にヘッドライトで本を読むとか読んだことがありますが、活字中毒ってやはりそういうなものなのでしょうか(笑)。
[ 2006/05/12 01:49 ] [ 編集 ]
そういうものかと
懐中電灯とかね(笑)。
私は寝室にランプ(もちろん電気のやつだよ)を買うまで、一時期、ベッドのヘッドボードに備え付けられた、めちゃ暗い非常灯(?)で読んでいた事もあるのです。
明るさといえば、豆電球くらいでしたか(汗)。
[ 2006/05/12 22:40 ] [ 編集 ]
>寝室読書
>とらさん
なにやら蛍雪じみていますね(笑)。
でもたしか、とらさんは視力は良いのですよね。羨ましいです。
目ヂカラが強いのでしょうか←それちょっと違
[ 2006/05/13 23:04 ] [ 編集 ]
目ヂカラ
自信があります(笑)。
もっとも、視力は、悪くはないけど乱視が入ってるんで、いまいちな感じがします。
[ 2006/05/14 19:48 ] [ 編集 ]
>眼光鋭く
>とらさん
あ、強いのですか(笑)。失礼しました。
一瞥するとチンピラが「ちっ」と舌打ちして、黙って行ってしまうとか…
↑どんなイメージだ(笑)
目が悪くなくても乱視だと、月がたくさん見えてしまったりするのでしょうか。私も乱視ですが、視力もものすごく悪いので、月は光の塊に見えます…。
[ 2006/05/15 01:29 ] [ 編集 ]
一瞥
そういえば、不良とかちんぴらに因縁をつけられた事ってないですねえ。
ううむなんでだ。目つきのせいか(笑)?

乱視なのですが、5メートル以上先の細かいもの(たとえば文字)が、疲れていると、ぶれて読みづらいという感じです。
月は1個にしか見えないぞ。
複数見えるのは、泥酔した人の場合ですね、たぶん。
[ 2006/05/15 21:55 ] [ 編集 ]
>ぎろり…
>とらさん
眼力と、あとにじみ出る猛虎のオーラが、不良の生存本能に訴えかけたのでしょうか(笑)。
5M先の文字なんて、私にとってはしみと一緒です。見える世界が違うのでしょうねえ。
>複数見えるのは、泥酔した人の場合ですね、たぶん。
それは、違う原因によるものではと!笑
[ 2006/05/17 22:07 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/05/18 15:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。