ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビバ戌年

2006/01/07 00:02 ジャンル: Category:画像の館
TB(0) | CM(28) Edit

獲物に襲いかかる犬

獲物に襲いかかる犬

 2006年。戌年。
 飼い犬を年賀状に登場させる12年に一度のチャンスというわけで、昨年撮った中の一枚です。空き地(雪原)に放して、颯爽と新年に向けてひた走る犬の写真を撮ろうとしたわけなのであります。

 いやー、コンパクトデジカメで走るわんこを撮ろうとするものではありませぬな。

 初心者用のフィルム一眼レフなら動く物体に自動的にピントを合わせるスポーツモードなどがあるのですが(初心者用じゃなくてもあるのかな。分かりません)、もともと合焦が遅いデジカメでは、走るわんこは合った頃にはピントの外へ。
 というか、何枚かは画面内にすら入っていなかった…(笑)。
 とりあえず連写モードでやみくもに撮ってみたのですが、自分で「おっ、これは!」と思ったのは一枚で、それもややボケでした。

 そちらは年賀状に使ったので、大量のボツ写真から奴のばかっぽさが出ている一枚をご紹介します。
 獲物に襲いかかっておりますが、獲物はおとり用の木の枝です。
 ばかだなあ。

 ま、おばかなりにかわいいのですがね。

 けっきょく、犬ばかによる犬じまんなのでした。
 ふふっ。

一瞬
キツネかと思いました(‥
キツネも同じイヌ科ではあったはずだが……。
色と長さが、なんか似ていた(笑)。
けっこう、大きい(といっても中型くらい?)の、わんこですか?
[ 2006/01/07 22:50 ] [ 編集 ]
キツネっぽい犬
とらさん、いらっしゃいませ。
キツネでこんな写真が撮れたら、どこかに投稿します(笑)。
レトリバー犬です。中型と大型の間くらいの大きさで、確かに思ったより胴長です。
ダルメシアンよりぶっとばし力は強いかも…?
[ 2006/01/07 23:10 ] [ 編集 ]
レトリバー
えええー。
ゴールデンとかつくあの?
もっと、のへ~としておとなしそうなイメージがありました。
こんなに胴長だっけ!
近くを散歩してるのしか見た事ないので、雪の中だとこう見えるのかも。
違うか。
レトリバーのイメージが、変わってしまった(笑)
[ 2006/01/08 13:43 ] [ 編集 ]
金の犬
>とらさん
ゴールデンとかつくあれです(笑)。
基本的には人なつこい家庭的な犬なのですが、同時に遊び好きでやんちゃなのです。毛の短いラブラドールより、ゴールデンの方が性格がやんちゃで甘ったれらしいですね。
遊んで遊んで遊んでよ~のしかかり~。
同時にすごく頭がいいので、きちっとしつけが入れば、のへ~とした感じになると思います。
胴は、うちのが長いのか、これがふつうなのかよく分かりません(笑)。
[ 2006/01/08 22:02 ] [ 編集 ]
銀の犬
うぬー(笑)
近所で散歩しているのは、みんな、おとなしやかなので、こんなやんちゃな犬種だとは思ってもみなかった。
沈黙は金。やんちゃは銀。
あそんであそんでこうげきするということは、rizwordsさんもよくのしかかられているのですね(笑)?
[ 2006/01/09 16:02 ] [ 編集 ]
胴の犬(笑)
>とらさん
子供を産んだり、3歳を過ぎたあたりで驚くほど大人しくなったりもするようです。あまりの豹変ぶりに飼い主が心配になって、病院に連れて行ったという話を何件か聞きました(一件ではない。笑)。
もっともうちのは5歳なのですが…?
そしてもちろん、誰にでも分け隔てなくのしかかります(笑)。
[ 2006/01/09 16:34 ] [ 編集 ]
あなたが落としたのはどの犬ですか?
誰にでもわけへだてなくのしかかるのか……
いいなあ(ちょっとうっとり)。
でかい犬が好きなんです(笑)。
しかし、犬種として、その豹変ぶりがあるっていうのは、面白いですね。
[ 2006/01/09 20:37 ] [ 編集 ]
その胴長のわんこです!
>とらさん
それはもう、5歳の幼児だろうとお構いなしです。まず立ち上がって抱きついて、相手が倒れたらのしかかります(←これが少し“のしかかるとらさん”のイメージなのです!笑)。
うちは外で飼っていますが、いっそとらさんも欧米風に家の中ででかい犬を飼われてみては…(犬派による誘惑)。
[ 2006/01/09 23:04 ] [ 編集 ]
それがね
いや、家の中で、でかい犬を飼うのは幼い頃からの夢だったのですが(のしかかられても良い。こちらからものしかかってやるぜ)、母がアレルギーもちなのです(笑)。
だから、家の中で動物を飼うことができない。
しかも、楽器だの本だの楽譜だのぬいぐるみがたくさんある状況では、ますます、飼えません!(笑)
……残念。

さて、正直なあなたには、金の犬と銀の犬もさしあげましょう( ‥)/
ついでにとらののしかかりも……え。いらない?(笑)
[ 2006/01/09 23:42 ] [ 編集 ]
>ダメな理由がいっぱい
>とらさん
うー、それでは飼えませんね。仔レトリバーは歯がかゆくなるらしく、よくものを噛むのです。家の中で飼うときはコードを齧って感電死することがあるそうです。
とらさんちでは噛み甲斐があるものがたーっぷりあって、子犬的には嬉しいかも(笑)。

いや、だから胴長の犬を返していただければ…。
あれ、うちの犬はこんなとらじまだったったけか?笑
[ 2006/01/10 23:23 ] [ 編集 ]
いつのまにか
(胴長の犬にすりかわっているとら)
 ↑なでれ~

かみ癖があるのか!(笑)(違>りとりば
ううーむ、これまた犬種によっていろいろ違うものなのかなあ。
家の中で飼うとなると、なかなか厄介ですね。
PCとかステレオとかばしばし置いてありますので、コードもたくさんあります(汗)
[ 2006/01/11 11:57 ] [ 編集 ]
>子犬はかむ
>いぬのふりしてるとらさん
(なでながら)
おまえ、ちょっと見ないうちに、ずいぶん大きくなったねえ(笑)。

レトリバーはもともと獲物回収犬なので、とにかくかんで持って来ようとする性質があるようです。
うちもガスが突然使えなくなったと思ったら、外に出ていたガス漏れ報知器の線を噛み切っていたことがありました(苦笑)。
[ 2006/01/12 00:49 ] [ 編集 ]
がぶっ
あ。なるほど>りとりば
獲物回収犬か~(にしてはでかい)。
ガス漏れ報知器の線をかみ切るとは、やりますね!
(いや、「やってくれますね!」だな)。
子犬は一時期なんでも噛むけど、犬種による差は、かなりありそうな気がしてきました(笑)。

(なでなでされて、目が線)
[ 2006/01/12 11:44 ] [ 編集 ]
>犬種の差
>とらさん
確かに最初に飼っていたハスキーは、今の犬ほどではありませんでした。犬種によってずいぶん違う…というのは、よく思います。
もちろん、どちらもかわいいのですけれどね!笑
↑どっちみち犬ばか~
[ 2006/01/12 21:20 ] [ 編集 ]
大きな犬
ばっかり、じゃないですか(笑)>ハスキーからりとりば
これは、真正犬好きって感じがひしひしと伝わってきます。
ネコ科のとらは犬のふりをしていないとだめだろうか。
幸い、りとりばは、虎同様、胴が長いらしい。
[ 2006/01/12 23:47 ] [ 編集 ]
>犬リハビリ
>とらさん
それが実は私、犬は怖くて嫌いでした(笑)。ハスキーを飼うときは大反対したのです! でも父親が犬好きで、般若のような子犬をもらってきてしまったのですね。
その後は住めば都、的にちょっとずつ慣れていって、今はそれなりに犬好きです(知らない犬は少し怖いときもあるので、真性ではないかもしれませんが)。
そのハスキーは本当に大人しい犬でしたが、親が買い物に行くとときどき遠吠えをしていました。それが情感のこもった悲しげな遠吠えで、「ハスキーって狼犬なのだなあ」と思ったものです。

とらがねこかぶりでいぬのまね…?笑
[ 2006/01/13 22:08 ] [ 編集 ]
じっとしていて何もかくさず
胴が長いからrizwordsさんがりとりばとまちがえてなでつづけるかなー、とか思っているのでした(笑)<頭すら隠していない(ばればれ?
ああ、そうか、ハスキーが来る前までは犬がだめだったのですね。
飼えば情が移るとか、そういう感じだったのかなあ。
子供の頃から、青い目で灰色(または黒)のでっかい犬には憧れていましたが、飼えずに至っています。子供の頃あれがいたなら、思い切り毎日プロレスごっこをしていた(犬にいやがられたかもしれない!)。
[ 2006/01/14 19:34 ] [ 編集 ]
>ばれた理由は
>とらさん
うちのわんこのほうがかわいいからです!(犬ばか光線発射)
とらさんはかわいいというよりは…漢?笑
うちのハスキーは目は茶色でした。ただ、一度子供をとったら、茶色1匹、青目1匹、片目青で片目灰色が2匹生まれました。
ロイエンタール…?
[ 2006/01/14 22:16 ] [ 編集 ]
金銀妖瞳
目が茶色のハスキーからも、青い目の子犬が生まれるんですねえ。てか、犬でも、ヘテロクロミアがあるとは!
これは全く知りませんでした。
見てみたいなあ。
でも、あれは目が弱いんだそうですね~。
ロイエンタールの目も、本来なら、ルドルフの時代に優生学上、ナニされたものだったんじゃないかなー。まあ、銀英伝はそれでなくてもツッコミどころありまくりですから、こんな重箱はつついても仕方がないのですが(笑)。
むむ。まて。片目青色で片目灰色。灰色目のハスキーというのも、いるのか(‥

とらの目は、琥珀色です。
短毛だけど、すごくふかふかなんだよ(きらりん)。
……だめ(笑)?
[ 2006/01/15 19:45 ] [ 編集 ]
>青い目のわんこ
>とらさん
うちのハスキーの親の片方が青目だったので、隔世遺伝でしょうか。
ハスキーはヘテロクロミアに限らず、全般に目より鼻の方がよいようです。今のレトリバーがずいぶん目がいいので、驚きました。
>ルドルフの時代に優生学上、ナニされたものだったんじゃないかなー
とらさんはやはりそういう部分が気になってしまうのですね。
後世の人々の同人誌のために生き残ったのでは(言うな。笑)。かく言う私も、みーはーなので、やはりロイエンタール好きでした。あああ、死んじゃったよおー…10巻はもういらないや、とか(笑)。

虎は、犬に比べると、かわいいではなく、優美なのですよね。
でもふかふかかあ…。寒いしなあ…。迷う…(をい)。
[ 2006/01/15 21:00 ] [ 編集 ]
ぬくさには自信がある
同人誌のために!
……そうだったのか(笑)。
『銀英伝』は連載当時から、いろいろな面でツッコミ入れていました
。(当時の仲間は2名ほど、そのまま自衛隊へ行ってしまい、さらに占術面でつっこみまくっていました)。
ふかふか。
ふかふか。
さわる?
体温高いんですよ。
ぬくいですよ。
[ 2006/01/16 20:09 ] [ 編集 ]
>せんじゅつ!
>とらさん
一瞬、わが国の誉れ高き自衛隊が、四柱推命や風水やホロスコープで作戦を決めているのかと思ってしまいました(笑)。
というか、占術って一発変換できないのですが…?
昔の中国の戦いをそのまま宇宙に持っていったからおかしいとかなんとかいう話は聞いたような気がします。いや、とらさんのブログで見たのでしたっけか…(あやふや!)

(とらといぬを見比べて)
ええ~。ええ~…。
ふかふか…ふかふか…。
くっ。
外は犬! 中はとらで!(だめか。笑)
[ 2006/01/16 22:30 ] [ 編集 ]
戦術
ぐはあっ(笑)
そんな誤変換があったとは……(笑)。
占術の方はきっとATOK17のやつがどこかで覚えてしまったのでしょう(何を書いていたんだ俺)。
あー、銀英伝の同人誌がはやりはじめた頃など、戦術面のつっこみしてる男のファンはわりといたんですよ。
友人などはその急先鋒だったかな。
「○○会戦は歴史上の××会戦をそのままもってきている」
みたいな解析をしていて。
ブログでそのあたりをちらっと書いた覚えがあるので、私のとこかもしれませんね~(笑)。
いや、流して読んでいても、平面的な展開しかしない艦隊戦は、頭がくらくらしそうでした。

> 外は犬! 中はとらで!
とらの方が外側もふかふかなんだい!(笑)
てか、とらはネコ科ですからイヌ科の犬になるのは大変。
(そのわりに人の皮はかぶっているらしい)
[ 2006/01/18 22:40 ] [ 編集 ]
>貴重な辞書
>とらさん
とらさんのコメントを引用しようとすると、けっこう一発変換できない言葉がある気がします(笑)。
>頭がくらくらしそうでした
そうなってしまうのでしょうね(笑)。私はSFも戦術も疎いので、あまり気になりませんでしたが、するとアンチ銀英伝本とかありそうですね…。

人の皮をかぶったとらに、犬まで加わると、ますます正体不明になってつなさんが困りそうです(笑)。
[ 2006/01/19 00:32 ] [ 編集 ]
抜き足差し足
そろ~り、そろ~り。
はっ!覗き見してるの、バレました?笑
お二人の掛け合い(?)が、楽しくって。

人の皮を被ったとらで、時に犬の振りもすると。
ええ、ますます正体不明ですね。笑
でも、とらさんは謎のとらだから、それでいいのかも。うんうん。
(頷いて一人納得)
[ 2006/01/19 10:23 ] [ 編集 ]
アンチ
これが不思議と、アンチまでいかないんですよ(笑)。
ツッコミにつっこんでいても、
「銀英伝には飽きた」人はいても、
アンチ本まで出す、という人がいない。
いや、なかには「私はアンチ銀英伝だ」という人も、いなくはないのかもしれないけど。
まあ、アンチも、ファンの裏返しというか、一種のファンだといいますから(笑)。
[ 2006/01/19 21:37 ] [ 編集 ]
>謎のとらさん
つなさん、いらっしゃいませ。
いや、ときどきつなさんがぬいぐるみの下を覗こうとしておられるので、ファスナーをおろしたらさらに犬が!なんてことになってしまうかと余計な心配を(笑)。
しかしとらさん、ゆらゆら揺れるしっぽはやはりなかなかつかめない…?
[ 2006/01/19 21:57 ] [ 編集 ]
>とらさん
なるほど。無関心なら、ツッコミもしないでしょうし。
下手にロイエンタール萌え♪とか言っている人より、よほど熱心に読み込んでいるのでしょうね。
↑すいません、私そこまでじゃないです(爆)。
[ 2006/01/19 22:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。