ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前バトン

2005/12/12 18:48 ジャンル: Category:雑記
TB(2) | CM(12) Edit

 巷で噂の「バトン」を「日常&読んだ本log」のつなさんから初めていただきました。名前バトン。
 我が名はコンラッド…じゃなくてrizwordsです。
 他の方の記事を拝見してからですと、あまりのくだらなさに、めまい、動悸、息切れ、咳、頭痛、偏平足など生じたり生じなかったりいたしますが…。
 恥ずかしい恥ずかしいと言いながらも、いそいそと書いてみちゃったりするのであります。

1. HNの由来はなんですか?
 かなりお恥ずかしい話なのですが(しつこい)、書くと言ったからには答えずばなるまいて。
 えー、実はゲームで使っていたキャラクターなのです。
 いやーもー恥ずかしー(汗)。
 さらに言うと、『ウィザードリィ』のGood/Bishop/Elf(善/ビショップ/エルフ)のリズワーズ。
 当初ブログのIDがなかなか決められず(IDとかメルアドとかパスワードとか、考えるの苦手)、さんざん悩んだあげくに「お話系だから"words"が入ってるコイツでいいか」、と引っ張りだしてきました。
 別に私自身が地下迷宮を探索するのが趣味で、善人で僧侶と魔法使いの呪文が使えてアイテム鑑定ができるエルフ族の司教というわけではございませんのであしからず。
 ああっ、みなさん逃げないで!笑
 だからアメブロIDはriz-wordsと区切ってあるのですね。で、リズと略されたりするわけですね。
 つまり、私の本名はエリザベスなのであります!(うそ)
 正直なところ、HNとして使うのは未だにちょっと変な名前かなあと思っています…。

1.5. ブログのサイト名の由来はなんですか?
●メイン:『想像妄想空疎空想うそ日記』
 数年前から趣味でねちねち小話を作っていて、ずっとワードのファイル名はただの「うそ日記」でした。量が少々溜まってきて、「こういう短い馬鹿話は、一般的にはどう思われるのだろう」と、人の反応を知りたくなったのがブログを始めたきっかけです。
 ところがネットで検索したら、ちょうどアメブロでうそ日記を大募集していた頃で、先輩がたくさん! とりあえず差別化を図って(?)、頭にごてごてと付け足してみました。
 でも実際にブログを開設した頃にはすっかりブームは去っていて、それはそれでちょっと寂しかった…。
 タイトルの由来については、「そうぞうもうそうくうそうそうそにっき」。
 ええ。
 うそばっかりです。まあ一つは「うぞ」ですが。
 音にこだわるなら「妄想暴走空疎~」もありでしたが、「妄想が暴走」ってオトナの妄想系っぽいイメージになりそうなのでやめました(笑)。
 要は単なるダジャレ好きです。

●ここ:『ことばあそぶろぐ+』
 言葉遊びネタのブログなので「ことばあそぶろぐ」。あっという間に更新できなくなって、写真や雑記をプラスしたので「+」。
 そのまんま。

2. 差し支えなければ本名をお願いします。
 ナイショ。この設問に答えるひとってどれぐらいいるのだろう…?

3. 本名の由来はなんですか?
 やはり、そういう感じに育ってほしい、ということでしょうか。
 小・中・高とクラスに必ずもう一人同じ名前の人がいました。平凡パンチ。
 ただ、それだけにフルネームでぐぐると、色んな人生を歩んでいるかたがおられて面白いです。オペラ歌ってたり、焼き物作ってたり、俳句詠んでたり。(ちなみに全員同姓同名さんです。「自分自身」は出てきません。笑)

4. 過去に使っていたHNを教えてください。
 今のものが初めてです。

5. 過去につけられたあだなを教えてください。
 あまりあだ名で呼ばれたことがありません。
 唯一と言えそうなのは、都市部からいささか離れたエリア(婉曲的表現)に住んでいるので、苗字の末尾に「山」をつけて呼びよった奴めが数人おりました。差別じゃあ!

6. 今までこの名前可愛いと思った名前はありますか?
 可愛い…は特に…。
 ちなみに苗字ですが、舞良(もうりょう)は面白い苗字だなあと思ったことがあります。字面と響きがずいぶん違う(笑)。

7. 一番大切な恋人にはなんと呼ばれたいですか?
 …なんだろう。

8. HNと本名どちらが好きですか?
 実生活では本名、ネットではHN!

9. また生まれ変わってもその本名でいたいですか?
 生まれ変わったら、別のひとだから別の名前でよいのではないでしょうか。
 いやそれより生まれ変わりってあるのでしょうか。人になれるのでしょうか。虫や植物になる可能性は? そもそも輪廻転生は地球だけで繰り返されるのでしょうか? 宇宙生命体は。そして神は。
 深遠な問いですね…(違)。

10. 次にバトンを回す5人。
 ここは行き止まりだ。引き返そう。
 →日常&読んだ本logにもどる。


ひげがひくひく震えているとら
笑ってます笑ってますひげふるえてます。
ふくくくく。
Wizかあ。最近のはやっていないんだけど、やってた時はたいてい、侍の道を進んでいたなあ(一度だけ君主になった稀な結果が)。
忍者でスッパダカで一撃必殺ってのも狙っていたわりに、なった事がなかった。
司教……聖職者系はとんでもない(‥ <むり
Wiz。なにもかもみななつかしい(をい)。
[ 2005/12/12 21:05 ] [ 編集 ]
いかんいかん(笑)
やったあ、とらさんにウケた!(違)
侍だけというと、TRPGの方とかでしょうか。
私はFC版Ⅰ~SSだかPS版Ⅴにかけて、かなりの時間を無駄にしたクチです。べつに司教に愛着があるわけではなく、ひとり選ぶならやはり僧侶上がりで村正持ちの侍が一番ですね。
ヤマト…ハーロックのほうがいいなあ(をい)。
ああ、こんな話をしちゃって…(笑)。
[ 2005/12/12 21:55 ] [ 編集 ]
ありがとうございました~
う、うわーん、ちょっとそうかなぁ、と思っていたのですが、うおー、私には「ウィザードリィ」が分からないです。くすんくすんくすん。
でも、「善人で僧侶と魔法使いの呪文が使えてアイテム鑑定ができるエルフ族の司教」なんですね。この説明文だったら、何となく分かるぞー!
サイト名、面白い名前だなぁと思っていたのですが、こんなに沢山の「うそ」がちりばめられているとは、気付きませんでした。なるほどー。
やっぱり、このバトン、その方のブログへの思いをお聞きすることが出来て、面白いですね。
設問5の「あだな」の所も面白かったです。笑 そういえば、そういう系統のあだなの付け方ってありましたね。

最後になりましたが、バトン受け取ってくださってありがとうございました!
[ 2005/12/12 22:56 ] [ 編集 ]
こちらこそ
つなさん、いらっしゃいませ。
こちらこそ回してくださってありがとうございました。
明らかにゲームっぽい名前ですよねえ(笑)。正直、HNとして使う気はなかったのですよう。でも別のを考えるのも面倒だし…です。
ウィザードリィは、RPGと言われるジャンルのコンピューターゲームです。戦士や魔法使いが徒党を組んで地下の迷宮を荒らし回り、怪物を虐殺してお宝を強奪しつつ、最終的には悪の大魔法使いをやっつけるのが目的です。指輪物語で、洞窟でバルログが襲ってくる辺りのようなイメージでしょうか(ちょっと違うかな…)。
なんだか、書けば書くほど墓穴を掘っているような気が(笑)。世の中のほとんどの方は知らないと思われますのでご安心召されい。
しかしこのバトンって、1番とペトロニウスさんが付け足した項目が一番面白いような気がしますね(笑)。
[ 2005/12/12 23:30 ] [ 編集 ]
Wiz歴
うーん、ちょっと変則なのですが、
パソコン版を友人とこでいじって、その後自力でまず買ったのがゲームボーイ版。その後スーファミ版もやりこみ、しかる後、再びPC版へ<をい
もっとも、このPC版がうまく動かなかったのと、Wizのシステムが大幅に変わってしまった為に、やめちゃったんです。
ちなみに、TRPGは90%GMを割り振られてましたが、プレイヤーやる場合は、常に「人間、男、戦士」的選択だったかな。性格付けは毎回かえてましたが、一番うけたのは、「13歳、でかい剣を使うのがたくみだが、文字は読めない。おぼえさそうとすると寝ちゃう」でした。<当然、パーティーにいた学者系キャラに追い回されました(ぼうず、自分の名前くらい、読み書きできなきゃいかんぞ。……ぐぅ~……)。

>つなさん
Wizというのは、でかいダンジョンに、悪いパーティーとか善いパーティーとかグレイゾーンなパーティーが、ひたすらひたすらひたすらお宝を求めてもぐっていくというゲームです(でした)。
一応ストーリーもあって、ラスボスもいたりしますが、そういうのは鎧袖一触でぶったおし、ひたすらダンジョンを徘徊するのです。

てぃるとうぇいと!(ずがぁぁぁぁぁん)

>rizwordsさん宛ヤマトとハーロック
ハーロックでは適当な台詞がたまたま思い浮かばなかったんだい(笑)
[ 2005/12/13 00:00 ] [ 編集 ]
RPG
ドラクエ、ファイナルファンタジーあたりは、分かるんですけどねー。
後は、Macに昔ついてた、MYSTをやったくらい。
いやー、ファンタジーといい、これらのゲームといい、自分の浅さを痛感いたしますです。
それなりに「好き」なつもりではいたのですが、TRPGなんてものがあることも、知らなかったですし。
ブログをはじめてから、もっともっと深い世界があったことを知りました。

でも、もともと地下の迷宮系ゲームは、とても苦手なので(かなりの高確率で迷うので!笑)、やれる環境に合ったとしても、ウィザードリイをやったかどうかは非常に怪しいです。

そうそう、1番と1.5番が面白いですよね。
ブログのはじまりから仲が良かったり、存在を知っていることは、ネットオンリーの出会いでは、稀な事だと思うので、改めてお聞きできたのが、今回のバトンの一番良かったところかも!
楽しかったー!

とらさん、補足いただき、ありがとうです♪
でも、言語フェチのとらさん(まだ言ってる。笑)が、そんなキャラとは!笑
その設定も面白いですけど、ラテン語の聖書が食べ物、とかでもよさそうなのに。笑
[ 2005/12/13 13:23 ] [ 編集 ]
>とらさん
私はGBは持っていなかったので、外伝系WIZは遊んだことがありません。SFC以外は微妙にプレイ歴がずれていますね(笑)。
TRPGはリプレイをいくつか読んだくらいです。ソードワールドとか。13歳の戦士…ああ、身長ほどもある大剣を背中にくくりつけた、あにめちっくなビジュアルがもや~っと(笑)。
>ヤマトとハーロック
ハーロック、かっこいい…。萌え~(違!)。
[ 2005/12/13 21:14 ] [ 編集 ]
>つなさん
ゲーム方面は浅くても全く何の問題もない気が?笑
つなさんもとらさんも本当に色々な本を読んでおられるので、いつも感心しています。みなさんのコメントのやりとりを見ていても、自分って何も考えてないなあと思うことがしばしば(笑)。
ブログを始めて知ったことって、本当に色々あります。

以前出回っていたバトンは好きな本とか好きな映画のこととか、ブログのジャンルや内容に関するものだったのが、だんだんブログの書き手について尋ねるものになってきているような気がしますね。
[ 2005/12/13 21:34 ] [ 編集 ]
プレイヤーとキャラのギャップ
>つなさん
私の、言葉と文字(漢字とか)に関するこだわりの強いのは、パソ通・ゲーム仲間双方に知られているため、そのキャラが大受けにうけたのです(笑)。
いや、別にゲームはそんな広く深く知らなくても良いかと(笑)。

>rizwordsさん
ビジュアル浮かんできました?(笑) いやー、パラメータでいうと、身体能力系につぎ込んだキャラです。だから、魔法にも弱いし。(なので、マジックユーザーも「あいつ妖しそう」「なんかしそう」「文字知ってそう」と避ける)、さらに、プレイと直接関係ないけど、キャンプとなると食べる食べる体の大きさ以上に食べる。「ごはんーっ」とすっとんでいってしまう。だが酒に弱い、というプレイもしてたな。13歳ですからね。
で……ハーロック萌え?
萌えるんですかー(笑)?
rizwordsさんは実はミーメだった(めもめも)<違
[ 2005/12/13 23:25 ] [ 編集 ]
>とらさん
確かにミーメはハーロック&宇宙の漢萌え!な感じですね(笑)。「ミーメハハーロックガウラヤマシイ…」
うーむ、でも残念ながらミーメほど酒に強くないのです。
そうですね、どちらかというと…エメラルダス?(全然違!) トチロー?(共通点=目が悪い)
…むう。なにもかもみななつかしい。<ふりだしに戻る(笑)。
[ 2005/12/14 12:40 ] [ 編集 ]
エメラルダスもミーメも
松本零士が描く女性は、どこかきりっとしていてかっこいいですね。
(あまり続けて読むと食傷してしまうのだが)。
思えば、エメラルダスもハーロックも、「永遠に完結しない物語の主人公」という気がします。
[ 2005/12/14 17:09 ] [ 編集 ]
>とらさん
>あまり続けて読むと食傷してしまうのだが
ああ、すごく分かります。毎回同じような展開で進んで終わっていくので、ひとつひとつの話を覚えられません(記憶力がないだけかも…)。
実は先日ブックオフで『クイーンエメラルダス』の古いコミックスを買って読んだばかりだったのでした(笑)。
[ 2005/12/14 23:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

名前は人の本質と関わりがある~名前バトン
名前というのは、日本ではおおむね、「こんな風になってほしい」という願いをこめてつけるというのが理想で、それが転じて、なるべく幸運な名前となるように画数を考えて、家によっては、先祖代々のネーミング・ルールが生き残ってたりもして、しかもそのうえ、法律
[2005/12/12 21:06] 手当たり次第の本棚
名前バトン
今度は名前バトン!最近、めっきりバトンづいており、こういったものがお嫌いな方には申し訳ないです。汗 年末大セールってことで、お許しあれ。お付き合い頂ければ幸いです。さて、今回のバトンは、いつもお世話になっている「物語三昧」 のペトロニウスさんから頂きま
[2005/12/12 22:46] 日常&読んだ本log
プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。