ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズメバチの巣の写真と恐怖体験

2005/12/10 00:38 ジャンル: Category:画像の館
TB(1) | CM(24) Edit

 墜ちたるスズメバチの巣にわれ果敢に接近す!
 とまあ、気分的にはそんな感じのお話でございます(笑)。

墜ちたるスズメバチの巣
『墜ちたスズメバチの巣』(10月末ごろ撮影)

 何月だか忘れましたが、いつも散歩するルートにある車道脇のやまなしの木に、スズメバチの巣がくっついているのを発見しました。写真を撮りたいと思って車で近寄ってみたら、黒っぽい空飛ぶ物体が盛んに出入りしています…。
 怖。
 まあ冬も近づけば蜂どもも巣立つでしょう。順調に巨大化していく巣を時折車窓から眺めつつ、じっと期が熟すのを待つことにしました。

 ちなみに、数年前にも別のところでスズメバチの巣を見つけて待っていたら、大風で全部吹っ飛ばされてしまったことがありました。
 なので今度こそ…と思っていたわけです。

 ところがこの前日、例年通り秋の終わりの大風が吹きました。
 で、夕方、例の場所を車で通りかかったら、巣が落ちている!
 くそー、またもやタイミングを逸してしまった、と歯軋りしつつ、とりあえず車を降りて撮ったのが最初の写真なのです。

蜂の巣の残りとやまなし
『蜂の巣の残りとやまなしの実』
(いつもは取り合いになって実は一個も残らないが、今年はさすがに残っていた。笑)

 当然、周囲に蜂がいないかどうかは、よおく見てから接近しました。
 ですが、巣が落ちてしまったということは、恐らく蜂はもう巣立った後なのでしょう。なんと言っても、あんなに頑丈そうなのだし。
 などと思いながら、5枚ほど撮ったとき。

 気のせいか、靴の下で何か動いたような――。

 慌てて目を凝らすと、草むらに一匹の蜂が!

 いやあ、息を呑みました(笑)。
 実は私は幼少のみぎりに一度洗濯物に入っていたスズメバチに刺されたことがありまして…。次はアナフィラキシーショックが起こらないとも限りません。こーわーいー。
 (参考→ハチ刺傷によるアナフィラキシーショック ※『都市のスズメバチ』より)
 もちろんじりじりと後退って車に戻り、速やかに退散しました。

 家に戻ってさっそく取り込んでみたら、手ブレしたのもありましたが、巣の模様がきっちり写っているものもありました。
 まあ、まあ、こんなものでしょう。

 しかし。

 ――をや? 巣の左下…。



蜂と蜂の子
『蜂と蜂の子』(トリミング)

 ぎゃあー!
 スズメバチの蜂の子って、ずいぶん大きいんだなあ…。
 なんていうとる場合か!
 危なかったです。夕方で風も強く、かなり寒かったので、蜂も元気がなかったのでしょう。人間、よく見ているつもりでも、案外目に入らないものです…。
 それにしても気持ち悪いよう~。

 でも今になってみると、もうちょっと撮りたかったな、とも思ったりもするのですがね。

 とにかく、みなさんもスズメバチの巣の写真を撮るときは、お気を付けて…。


噂の蜂の子
こんにちはー。とらさんとこから、飛んできました。
うーむ、こ、これは、白くてむっちむっちで、写真だけでも、結構キますねえ。汗
食べるのはちょっと無理かもー。笑

「やまなし」といえば宮沢賢治くらいしか思い浮かばず、またそれが実在の木の名前だなんて知らなかったもので(ああ、植物音痴!)、思わず調べてしまいました。
rizwordsさんとこは、ほんとに自然がいっぱいなんですねえ。
そして、こういう瞬間をきっちりとらえるrizwordsさんが素敵です。笑
(でも、蜂には気をつけて~)
[ 2005/12/10 17:09 ] [ 編集 ]
むにむに…
つなさん、いらっしゃいませ。
いくら自然がいっぱいでも、これはさすがに完全な偶然と不注意の産物です(笑)。取り込むまで、あんなものが写っているとは全然思いませんでした…。
やまなしの実は渋くて食べられたものではありませんが、私の持っている薬草の本には二日酔いに効くとありました。たぶん、採っていく人は果実酒にするのだと思います。一度私も漬けてみましたが、いまいちおいしくなりませんでした(笑)。
[ 2005/12/10 17:46 ] [ 編集 ]
白くて半透明で
蚕よりきれいじゃないですか。
うーん、ちょっとさわってみたいかも(やめろ)。
これなら、確かに、食えるかもしれない……って、食うのは蜜蜂の子ですね(笑)。すずめばちはだめっぽい気もするな。
いやーそれにしても無事でなによりでした(汗)。

空手行く直前に何してるんだ俺(笑)。
トラ返は、帰宅後に~。
[ 2005/12/10 18:07 ] [ 編集 ]
きれい…
とらさん、いらっしゃいませ。トラ返ありがとうございます。
やっぱりスズメバチの蜂の子って食べられないでしょうか(絶対食べませんが)。
うう。さわるのは、成虫がいないときにしてくださいね…。空手では、熊とは戦えてもスズメバチとは無理でしょうし?笑
この落ちた巣も、最後は全部風に飛ばされてしまいました。巣作り的にはあまり立地がよくなかったのかもしれません。
[ 2005/12/11 11:48 ] [ 編集 ]
こんばんわぁ、カカオです。
スズメバチですかぁ。私も蝶などを良く撮るので遭遇する機会が多いですが、羽音を聞いただけで背筋が凍ります( ̄▽ ̄;)
幸い刺された事は無いのですが、スズメバチシーズンには黒い服と香水(芳香剤)の類は避けてフィールドに出るようにしています。
[ 2005/12/11 14:40 ] [ 編集 ]
はじめまして
カカオさん、いらっしゃいませ。
実は私、ちょうど数日前にそちらのブログにお邪魔しておりました(笑)。空飛ぶ隼?の写真を拝見して、「すごいなあ…」と感心した記憶があります。娘さんのコスモスも見事ですね。
スズメバチは、私も生きているものには遭いたくありません~。
黒い服が危ないという話は聞いたことがありましたが、香りにも気をつけないといけないのですね。今回撮りたかったのはあくまで「巣」でしたが…危ない危ない(汗)。
[ 2005/12/11 20:32 ] [ 編集 ]
こんばんわぁ、カカオです。
ブログ、見て頂いていたなんて嬉しい限りです(^▽^)V
スズメバチに限らず香水や整髪料の中にはハチを刺激しやすい成分が入っている事があるそうなので、特に山などに入るときは付けないように気をつけて、帽子も被るように(黒髪なので)しています。
「私が」と言うより、子供と一緒の時が多いので余計に気を付けているのですが^_^;
[ 2005/12/11 21:00 ] [ 編集 ]
帽子も
>カカオさん。
写真も綺麗で、カメラの情報もあって、勉強になりました。一眼レフデジカメは欲しいのですが、なかなか手が出ません(笑)。
スズメバチは熊や蛇よりもずっと危ない最凶の生物なので、気をつけるに越したことはありませんね。

すいません。お名前を間違えてしまいました(汗)。訂正しました。
[ 2005/12/11 23:29 ] [ 編集 ]
スズメバチと戦う
空手家で、蜂と戦った人はいるのかなあ……。(いずれにせよ、スズメバチだとちょっとやですね)。
カンフー映画では、初期のジャッキー・チェンか何かので、蜂と戦うというか、ぶんぶんわんわんいってる蜂をすべてつかんでとる、という修行シーンを見たおぼえがあります<絶対やるのはいやだと思った
まあいずれにせよ、私の空手はへたれてますから、すごいスピードでとぶ蜂を相手にするのはとてもとても……(笑)。
やっぱ、やれるとしたらトップクラスの人ですねー(汗)。
[ 2005/12/12 14:13 ] [ 編集 ]
ハチといえば
>とらさん
どんな達人でも、刺されたときにアナフィラキシーが出たらおしまいなので、スズメバチと戦うのはやめたほうが…(怯)。
武道家とハチというと、モハメド・アリが思い浮かびます。<蝶のように舞い、蜂のように刺す
…でもこれって、やっぱり「蜂は強い」ということですよね(笑)。
[ 2005/12/12 18:32 ] [ 編集 ]
蜂のように刺す!
そうですねー、急所に素早くぐさっ。
そういうイメージでしょうか。
ちなみに、ウィリアムズがクマと戦った映像は、見た事があるのですが、あれはクマがかわいそうでした(笑)。
「やめろよやめろよ俺はいやだと言ってるだろ」
という表情。顔をそむけて、まえあしで、「あっちいけったら」状態。戦意なし!
なので、実は、「クマと戦って倒した」話は、すこーし眉唾です(笑)。
[ 2005/12/13 00:16 ] [ 編集 ]
とらvsくま!
>とらさん
熊殺しの映像って、ちゃんと存在するのですね。ただの伝説かと思っておりました。
いや、でも熊とも遭遇したくはないです…。ヒグマほど大きくはなくても、本州のツキノワグマもやる時はやりますからね!(何を?)
とらさんにお任せします(笑)。
[ 2005/12/13 20:51 ] [ 編集 ]
くまが好き
くま(特にホッキョクグマ)が、好きなんですよ。
あの、ぼあ~とした顔つきとか体つき、見ていて愉しいのです。
そこで、パソ通仲間には、
「とら(仮名)は、グラマーな女性より、くまの方にとびついて抱きしめるのではないか」
などと妄想され、<そんな事はないと言っても聞き入れられない
「これがほんとのベアはぐ」
ベアハッグは、クマががしっと敵の体をさばおりする技のような気が……(笑)。
そういや、クマ肉は、おいしいという説と、クセがあるという説があり、一度食べてみたいのですが、クマ肉って高いんですよねえ……。
(と、妄想の中の生クマにヨダレを垂らしてみる)
[ 2005/12/13 23:29 ] [ 編集 ]
>とらさん
くまをとらはぐですか…。
でも白熊はぬぼーっとした見かけによらず、かなり凶暴という話ですからね…。お気をつけて(ひとごと。笑)。
熊肉、私も一度食べてみたいです。かたくて、あと野生動物の肉全般の話として、クセが強いという話ですが。
マタギの知り合いとかいないと、難しそうですね。
[ 2005/12/14 12:48 ] [ 編集 ]
クマ肉
野生の熊肉ならそうなのですが、なんと、北海道とか、九州(阿蘇)には、クマ牧場というのが、あるそうなのです。
……なんのためにあるのかは知りませんが(汗)。
食用なのかもしれない……。
食用のクマ。うーん、いまひとつ想像つかないですね(笑)。

白クマは、ギャビン・ライアルという作家が『最も危険なゲーム』で、世界一おそろしい猟獣はホッキョクグマ、とあげていました。
事実、襲われると最凶らしいですが、最近では、車の不凍液(甘いらしい)をなめて、不具合になる白クマがいるとしてアラスカあたりでは問題になってるとか。白クマ見学ツァーは一度参加したいツァーなのです
[ 2005/12/14 17:12 ] [ 編集 ]
>とらさん
車の不凍液を舐める白熊って、やっぱりなんだかかわいいイメージです…<プーさん。
でもやはり舐めるためには、車を壊すのでしょうか(笑)。
食用の熊って、やはりいまいち想像できませんね。調べてみたら、生食は寄生虫が危険なようです。
やはりやるなら熊鍋!(けっきょく食べたい。笑)
[ 2005/12/14 22:57 ] [ 編集 ]
不凍液
だいーぶ前にナショナルジオグラフィックで読んだのだったと思うんだけど。さすがに車を壊してまでは舐めないと思うんですけどねえ。
不凍液、甘いらしいんですよ( ‥)/

クマ鍋は味噌仕立てかな(笑)。
俺はクマステーキとかでもいいなあ。
[ 2005/12/16 17:52 ] [ 編集 ]
>とらさん
>車を壊してまでは
やはりそこまではしませんか…。ちなみに、ツキノワグマと当たると、車が壊れるらしいです(笑)。
ナショナルジオグラフィックは一時期買っていましたが、写真が綺麗すぎて、捨てられないのに困って(?)やめました。今でも時々「また定期購読しない?」という手紙が来ます。
ステーキで食す際は、レアだとやはり寄生虫が恐いらしいので、ウェルダンで(笑)。
[ 2005/12/16 22:07 ] [ 編集 ]
写真が綺麗
そう、棄てるの大変なんですよね、バックナンバー(笑)。
私も心を鬼にして(そこまでするようなものか?)、年に一度、リサイクルに出してしまいます。
と、決めておかないと、大変なのです(汗)。
ステーキ、ウェルダンですか? うーん、せめてミディアム希望……ウェルダンは味がしないよぅ。
[ 2005/12/16 22:52 ] [ 編集 ]
>とらさん
確かに雑誌までとっておいたら、とらさんの書庫はとんでもないことになりそうですね(笑)。
どうも貧乏性で、なかなか捨てられないのです。もしゴミ捨て場にあったりしたら、拾いかねません…(ジェイムズ君?)
>せめてミディアム希望
お気持ちはお察ししますが、ここはぐぐっとこらえて!笑
↓一応、ご参考までに。こわい…。
http://www.eiken.city.yokohama.jp/infection_inf/trichinella1.htm
[ 2005/12/17 00:25 ] [ 編集 ]
うーんうーん
クマ肉~っ。
ウェルダンか、それともトリヒナ症か。難しい問題だっ。
そういや、大藪春彦氏(作家であり狩猟家でもある)も、だいぶん、寄生虫には悩まされたなんて話を聞いた事があります。
(ごろーんごろーんごろーんごろーん)
[ 2005/12/17 15:08 ] [ 編集 ]
>とらさん
ああ、のたうちまっておられる?笑
どんな野生動物でも、寄生虫の問題はありそうですね。
うう、蜂の子より怖い寄生虫…。
やはり日本人なら鍋プッシュですが…。とらさんは「とら」ですし…。
けっきょくトリヒナ覚悟のハイリスク(寄生虫)ハイリターン(おいしい)でしょうか?笑
[ 2005/12/17 20:44 ] [ 編集 ]
それはもしかして
「殺したての味だ」
ということで、自らクマを倒した後、腹をさき、おもむろに心臓とか肝臓あたりをがぶーり……ということでしょうか!(笑)
初めて倒した鹿の心臓を食べるというのはスイスだったかなあ……。
[ 2005/12/17 23:51 ] [ 編集 ]
>とらさん
>自らクマを倒した後
そこまで行くと「とら」というよりむしろ「虎!」ですよう。
とらさんのぬいぐるみの下の野生が目覚める!?笑
>スイス
そ、そんなことを…。チーズフォンデュのイメージしかありませんが、さすが狩猟民族。(あれ? でもチーズは牧畜?)
…熊鍋よりチーズフォンデュがいいかな…。
[ 2005/12/18 11:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

『リキュール銘酒事典』~お酒バトン
お酒は何のために飲みますか? ・リラックスするため・楽しくなるため・みんなと盛り上がるため・悲しみや苦しみを忘れるため・眠るため個人的には、どんな理由でも良いとは思うが、実際には、これだけはやめた方が良い→「眠るため」。アルコールによる眠り
[2005/12/10 23:38] 手当たり次第の本棚
プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。