ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年ぶりに

2015/02/07 22:57 ジャンル: Category:前十字靭帯(ACL)、半月板損傷
TB(0) | CM(2) Edit

 最後の記事からまたもや空いて、1年半近く。
 ACL断裂&再建&抜釘および半月板損傷&縫合経験者の皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

◆怪我:ACL断裂、MCL損傷、内側半月板損傷
◆手術:二重束再建術+半月板縫合 1年後に抜釘済み

 ちょっと書いておいてもいいかなーと思うことがあり、またまたこのACL、半月板損傷カテゴリに記事を入れますよ。

 怪我以来、初めてスキーに行きました。
 2012年1月下旬にヤッテシマッタので、まる3年のブランクです。
 かなりおっかなびっくりでしたが、ちゃんと滑れました!

 ただ、改めてすごく感じたのは、スキーってすごく膝のひねりを使うのだなーということ。
 受傷した側の膝は、リハビリ後はひねる方向への負荷はかけていなかったので、ターンするときなどに膝をねじっている感じがすごく分かりました。痛くはならなかったけど、少し関節近辺が熱くなりました。
 もともと下手の横好きの我流なので、上手い人はもっと膝に負担がかからないのかもしれませんが。

 正直、1回やってしまって痛い目に遭ったので、不安はあります。
 生まれて初めて入院したし、手術したし、全身麻酔したし、浣腸したし…(以下いろいろ続く)。
 この怪我のせいで、なのか、おかげで、なのか、仕事も変わったし。
 膝に負担がかかっている感じがすると、「これ続けてたら、靭帯ゆるんだりするのかな?」と考えたりもします。
 一方で、そんなことを言っていたら、何もできないじゃんとも思ったり。

 うーん、しかし。
 だがしかし。

 やっぱり楽しいなあ。
 スキー。

 あと、この晴れた冬の山の眺めがね。
 行かないと、見られない。

P2060031_1.jpg


 まあ、迷いながら、やりたいことを自己責任でやっていくしかないんでしょうね。
 とりあえず、スキーしたよ!という話でした。

 以上!

長文コメ失礼します。
「前十字靭帯 過伸展」でこのブログを見つけました。私は現在、左膝前十字靭帯再手術から10ヶ月になるところです。スキーで受傷したこと、上級者と言えるほどはうまくないこと、元々膝が過伸展なことなど、勝手に親近感を覚えてしまいました。そこで聞きたいことが二つほどあります。
一つ目はスキーが許可されたのはいつ頃でそれからどれくらい期間をおいて今回スキーをしたのか、またしてみてどうだったかなど教えてほしいです。私は現在重り上げと片足ジャンプの条件がクリア出来ればスキーをして良いと言われています。あくまで趣味の域ですが、睡眠と食事の次くらいにスキーが好きで、もし今シーズンに間に合えば滑りに行きたいと思っているのですが 不安が大きいのは確かです。
二つ目は過伸展についてです。結局受傷した方の膝は現在どれくらいの伸展具合なのか、腰などへの負担を感じることはあるのかどうか気になっています。私は元々15〜20度ほど過伸展していて、左膝は現在0〜5度程度です。入院先のPTの先生には「将来腰にくるから元通りにしたほうが良い」と言われましたが、通院先の先生には「確かに左右のバランスの悪さによるデメリットもあるけど、過伸展であることのデメリットの方が大きい」と言われ、一応理屈は納得出来たのでそのままになっています。しかしいずれにせよ不安は残りますし、理屈ではわかっていても気持ち的には左右で違うことへの不快感もあります。 過伸展の方のお話は中々見つけられないので教えていただけたらなと思っています。

突然の長文コメ失礼しました。ブログすごく参考になりました。私も日記を書いておけばよかったです笑 スキー楽しんでくださいね!
[ 2015/02/12 23:15 ] [ 編集 ]
>テトラさん
 はじめまして。コメントありがとうございます。
 リハビリお疲れさまです。自分が怪我をしたときに、不安でいろいろ検索して他の方の記事を参考にしたので、このブログが多少でも参考になったのであればうれしいです。
 さて、どちらも書いてある以上の情報はないので、繰り返しになってしまいますが…
 スキーの許可は術後9ヵ月の診察時に「シーズンになったら滑ってよいか」と聞いたところ、「装具をつけて、緩斜面なら」OKと言われました。(あまり積極的には勧められないという口ぶりだったように感じました。)
 ただ、私はこのシーズンはもともと滑る気はなく、次のシーズンまで空けるつもりでした。結局は滑ったのは、仕事の都合もあったのですが、さらに2年空いて術後32ヵ月位でしょうか。たぶん、テトラさんの方がスキーがお好きなのでしょうね(笑)。
 2つ目の過伸展・反張膝については、医師もPTも否定的でした。伸展しすぎると骨にACLが当たることになると言われました。そもそも医者もPTも、まっすぐ伸びて、歩いたり走ったりするのに問題ないレベル以上の部分は、あまり勧めないのかなと思いました。過伸展自体が腰によくなさそうなので、どちらかというと、過伸展を改善して0度に近づけるほうがいいのかなと思ったりします。
 ということで、私の場合はこんな感じです。早くいろいろ楽しめるようになるといいですね!
[ 2015/02/13 23:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。