ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天地明察』読んだ

2011/04/16 23:06 ジャンル: Category:小説
TB(0) | CM(0) Edit

天地明察天地明察
(2009/12/01)
冲方 丁

商品詳細を見る


江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作ること―。碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋!早くも読書界沸騰!俊英にして鬼才がおくる新潮流歴史ロマン。
(Amazonより引用)


 2010年の本屋大賞。
 面白かったけど、情報量が多くてけっこう読み疲れもした。読み応えがあった。そんなに万人向けのジャンルでもない気がしたけど、みんな、こういう物語を楽しんで読むんだなあなどと思ったりして。
 この手の話って、面白いかどうかのほかに、作者がほんとよく調べるなあと感心する。

 主人公の春海がほんわかした性格で、あまり実在の人物という感じがしなくてやや入り込むのに時間がかかった。歴史も苦手だから、まともに読もうとすると引っ掛かって進めないのもあったり…。改暦の史実を元にしたファンタジーだと思えばいいかなーと思ったら、割と読みやすくなった。中盤で「宣命暦」の一言が出た辺りからがわくわくした。

 Amazonの感想見ると、専門的に見ると間違いもあってなんたら…という感じで、気になる人もいるようだ。扱っているのが歴史、武家、囲碁、数学、天文、暦だから、詳しい人は鼻につくのかもしれない。SF好きな人がハードSFとか銘打ってるのに設定があり得なくて気に入らない感じ?(変なたとえ)
 まあ自分はあまり専門的なことは分からないので、物語の展開のための小道具的にさらっと流して楽しめた。

 今はカレンダーなんてあるのが当たり前で、日食や月食の情報も簡単に入手できる。しかし自分で食を計算するなんて、やろうと思えばできるかもしれなくたってやっぱり無理。暦を知ること、知ろうとすることの凄さと、暦がもたらす社会的影響など、あまり考えたことがなくてととも興味深かった。

 それに、登場人物たちがみんな魅力的。会津藩士の安藤有益の謹厳実直で穏やかな感じや、老中の酒井忠清のつかみ所がない雰囲気とか、いいなあ。
 あと個人的に受けたのが、北極出地の旅での春海の上司・建部昌明と伊藤重孝のはしゃぎっぷり。
「星だ!」
 実際の知り合いにああいう雰囲気の人がいて笑った。天文少年おやじ萌え(違)。

天地明察
冲方 丁
角川書店(角川グループパブリッシング)(2009/12/01)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。