ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きのこ的雑談

2005/11/15 00:35 ジャンル: Category:画像の館
TB(0) | CM(0) Edit

謎きのこの株

謎きのこの株立ち(誰か名前教えて…)

 きのこの本を眺めるのが好きで、きのこの写真を撮りたいと常々思っているのですが、なかなか見つかりません。今年撮れたのは、クリタケ、ナラタケ、謎きのこ数種(笑)。種類的には、去年とほとんど同じです。(いずれアップしたいです)
 昔、チシオタケというきのこに針のようなカビがぴぴぴっと生えているのを一度だけ見たことがあるのですが、その頃はまだ写真に全く興味がありませんでした。あれって、きのこカメラマン憧れの被写体の一つらしいのです。確かにびっくりしました。
 その後、ずっと探しているのですが、ちーとも見つかりません…。もう一回見て、あわよくば撮ってみたいものです。
 あと、タマゴタケ、ベニテングタケ、ホンシメジ、マイタケあたりも撮ってみたいきのこです。前二つは見たことがあるのですが、後の二つは…マツタケに並ぶ超上級天然きのこなので、撮るのも採るのもたぶん一生ムリでしょう(笑)。
 それ以前に、そもそもきのこは強敵です。なぜなら薄暗いところに生えていて、しかも小さい! カメラは手ブレするし(三脚使え)、マクロでも後ピンになるし。腕が足りなくて面倒くさがりという、自分みたいな人間には、そもそも向かない相手です(笑)。変に絞りとかいじれるような機種じゃなくて、けっきょくは「あゆはぶれない」みたいな手ブレ補正がある方がいいのかもしれませんね。
 こういうのって、下手に中途半端な知識があると、かえってうまく行かないのよね…。
 そして我が家の近辺では、きのこの季節はもう終わり。
 来年に期待しましょう~。

古キツネノチャブクロ

育ちすぎたキツネノチャブクロ(たぶん)



●ちなみに、きのこついででうそ日記「森のくまさん」を解説すると……。

 話に出てくる「舞茸にホンシメジにコウタケにバカマツタケ! こんな高級品ばっかり採ってくるなんて、あんたきのこ名人だよ」のセリフ。
 なぜマツタケではなくバカマツタケかというと、ここに出てくるのは全て雑木林のきのこだからです。
 マツタケは基本的には松か米栂(こめつが)の林に生えるので、今回主人公が熊とランデブーした場所には、恐らく生えないのです。
 誰か「バカマツタケって何よ…」と突っ込んでくれるのを期待したのですが、やはりいささかマニアックすぎたか…(笑)。
 悲しいので、こちらに記しておきまする。
 なおバカマツタケは、歯ごたえはマツタケに一歩譲るものの、香りの点では勝るとさえ言われている最上級の食菌とのことです。でも学名までバカマツタケ。損なきのこじゃのう。
 あっ、そうそう。話の中に出てくるニガクリタケも気をつけてください。有名な毒きのこです。死んでしまいますよ!
 そんなこんなで、何かの間違いでこの記事を見たら「森のくまさん」も見てみてね…。と宣伝で終わりまーす。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。