ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『素数ゼミの謎』読んだ

2012/02/06 12:03 ジャンル: Category:その他の本
TB(0) | CM(0) Edit

 最初に病院行った日に、待合室で読んだ本。

素数ゼミの謎素数ゼミの謎
(2005/07/12)
吉村 仁

商品詳細を見る


アメリカに、13年、あるいは17年に一度だけ何億匹も大量発生し、数週間だけ凄い声で鳴き交わして死んでゆく、へんてこなセミがいます。どうしてそんなに長い間地中にいるの?13年と17年なのはなぜ?日本人の科学者が初めて解いた、奇妙な「素数ゼミ」の秘密。 (Amazonより引用)

 子供から大人まで楽しめる科学読み物
とも紹介されていましたが、確かに。
 というか、この手の子ども向けの体裁の本って、反対に大人でも難しいような科学の不思議を、子ども向けに分かりやすく書いてあるということのほうがすごいといつも思う。

 セミってふつうのやつでも8年くらいは土中で幼虫時代を過ごすのだけど、アメリカにいる素数ゼミという種類は、13年か17年という長期間を土中で過ごし、同じタイミングで羽化するのだそうだ。羽化の年はもうそれこそものすごい数のセミが出てきて、騒音も凄まじいのだそう。
 名前は聞いたことあったけど、詳しいことは知らなかった。13年ごととは言っても全米で同じ年に発生するわけではなく、いくつかのグループがエリアごとに存在していて、この年はこのエリアで発生するという感じなのだと。17年組は何グループあってこのエリアで何年に発生というデータも出ていて、かなり細かく研究されていることが分かる。


※この先はネタバレに繋がるので、気になるかたやこれから読むつもりのあるかたは読まないでください。

スポンサーサイト

病院と『スペシャリストの帽子』

2012/02/05 15:35 ジャンル: Category:翻訳小説
TB(0) | CM(0) Edit

 手術の話を聞きに、紹介された病院に行きました。
 12時半からの受付に15分遅れて行ったら、14番の番号札を渡されました。しかも緊急手術が入ったとかで、1時半からの診察時間が1時間ずれ込み、例によって待ち時間がすごいことに。
 まあ待つほうも暇だけど、医者も大変だよね…。

 長待ちは覚悟していたのでまた積ん読本を持って行ったのですが…今回は失敗。
 合わなかった。

スペシャリストの帽子 (ハヤカワ文庫FT)スペシャリストの帽子 (ハヤカワ文庫FT)
(2004/02)
ケリー リンク

商品詳細を見る


十歳の双子の姉妹が、母親を亡くして初めて迎える夏のこと。屋根裏部屋で、二人は帽子でない帽子“スペシャリストの帽子”を手に入れた…世界幻想文学大賞受賞の表題作ほか、既婚者としか関係を持たないルイーズと、チェリストとしか関係を持たないルイーズ―二人のルイーズを描くネビュラ賞受賞の「ルイーズのゴースト」など、米ファンタジイ界最注目作家が軽妙なユーモアにのせて贈る第一短篇集。 (Amazonより引用)

 短編集。たぶん幻想文学大賞受賞に釣られて買っておいたのであろう。
 しかし前からもしかしたらと思っていたが、自分ってファンタジー好きと自称しとるけど、それって剣と魔法の西洋風限定なのかもしれん。なんたる幅の狭さよ。

 そしてこの本、一つめの話がめちゃくちゃ分かりにくい!
 門番に跳ね返された気分になった…。
 待ち時間が結局3時間以上あったけど、3編ばかり読んで挫折しました。

 全体に、現実と虚構の境界がひどく曖昧で希薄な雰囲気で、迷い込んだ人間がいつの間にか「向こう側」の住人になっていた…といった感じの不思議な話、のようです。混じりこむ異世界。
 系統としては漫画の『百鬼夜行抄』をちょっと思い出しました。ちょっとだけ。

眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 百鬼夜行抄20 (ソノラマコミックス)眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 百鬼夜行抄20 (ソノラマコミックス)
(2011/07/07)
今 市子
商品詳細を見る


 あと挫折した系統(吐血)としては、ボルヘスの短編集をちと思い出しました。この手の話は、想像力は凄まじいなと思うのだけど、文章が頭に入ってこなくて進めない。
 ほんと、理解力弱いよな、自分…。

 まあ、不思議な空気を味わいたいかたや、曖昧不可解どんと来い!なかたは楽しめるかと思います。

 で、肝心の手術は人気のある先生なようで、1ヶ月先になりました。
 その先生の本拠地だと5ヶ月待ちらしい。すごいなあ。


じんたいのふしぎ2と『海賊モア船長の憂鬱』

2012/02/02 21:55 ジャンル: Category:前十字靭帯(ACL)、半月板損傷
TB(0) | CM(2) Edit

 前回の記事でお届けした人生初靭帯損傷の続き。
 専門医のいる病院行きました。

 人生初靭帯損傷に続き、人生初手術のようです。

 えー、前十字靭帯がちょっとじゃなくて、全部逝ってました。
 やっぱりねえ。MRIの画像おうちで眺めて、確かに前十字が見当たらないと思ったんだ…。
 半月板も少し裂けてて、縫うならスポーツ復帰まで8ヶ月とか…まじか。
 怪我って怖いねえ…。

 病院で膝の水抜いてもらったら、水というより血っぽかった。ひゃあ。
 膝からトマトジュース出たよ!的な感じでした。
 体液、ぱねえ。

 そんなこんなで一日仕事の病院でしたが、待ち時間で積ん読本久々に消化しました。

『海賊モア船長の憂鬱』

海賊モア船長の憂鬱 上 (角川文庫)海賊モア船長の憂鬱 上 (角川文庫)
(2009/08/25)
多島 斗志之
商品詳細を見る


海賊モア船長の憂鬱 下 (角川文庫)海賊モア船長の憂鬱 下 (角川文庫)
(2009/08/25)
多島 斗志之
商品詳細を見る


 イギリス東インド会社に勤めるクレイは、インド東海岸にある港街、マドラスに到着した。謹厳実直で知られる上席商務員が“マドラスの星”と称される400カラットのダイアモンドを手に姿を消したのだ。誘拐か、はたまた着服か。事件にはどうやら「果敢にして知略に秀づ」とその名を轟かす海賊モア船長が関わっているという噂があり…。勇敢で聡明な海の男たちが活躍する、才智を尽くした頭脳戦!海洋冒険小説。(Amazonより引用)

 海賊時代は怪我したら患部が壊死する前に切断して、沸騰した木タールだかピッチ(樹脂の一種らしい)に浸して血を止め消毒したらしい。おおう。怪我したときに読むにはちょっとどうかなな内容だネ。
 最初に出た『海賊モア船長の遍歴』ほどではないけど、面白かった。
 上下巻、待ち時間で読了しました。2冊持ってってよかった…。

海賊モア船長の遍歴 (中公文庫)海賊モア船長の遍歴 (中公文庫)
(2001/03)
多島 斗志之

商品詳細を見る

 ↑ちなみにこっちは超面白い! 2段組で独特だけど慣れたらハマる。『ONE PIECE』好きな人にもおすすめ。「遍歴」「憂鬱」とも独立して読めます。




 で、ぼくのあしの話に戻りますが。

 結果に少なからず凹んで、とりあえず友人に話したら、「あんたそんな怪我するような人じゃないと思ってたよ…」と言われました。
 うん。自分もそう思ってたよ…。
 そんなアクティブな性格じゃないのに、判らないものです。
 人間万事塞翁が馬。いやはや。




プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。