ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スノーシューを買ってみた その1

2011/03/21 22:04 ジャンル: Category:アウトドアぐっず
TB(0) | CM(0) Edit

スノーシューを調べてみた その2の続きでありんす。

 買っちゃった。いえーい。
 ATLAS1025をオークションで入手。
 5年くらい前の型のようだけど、やる気満々で挑んだら予算よりも安く済んだ。あんまり出品がなくて相場が分からないけど、どうなんだろう。届いてみたら思ったより使用感があったのは、まあオークションのご愛嬌というやつか。アルミフレームってすぐ傷つくんだよね。

ATLAS(アトラス) 1025  1831826
ATLAS(アトラス) 1025 1831826
ATLAS(アトラス)

商品詳細を見る



※上記はamazonにリンクしています。→楽天の「スノーシュー アトラス」検索結果

 さっそく使いました。近くにだいぶ昔に閉鎖したスキー場跡があるので、その辺をうろうろ。

・ビンディング:スノーシュー自体はTubbsのエントリーモデル(多分)のストラップで固定するタイプを使ったことがあるけれど、アトラス1025は靴をくるむようなパーツがあってフィット感がいい。靴がずれそうもない感じ(変な表現)。
・ブーツ:ハイカットの登山靴に装着した。新雪は数センチだったがどうしても足首の後ろ側が濡れてしまうので、スパッツとか併用したほうがよさそう。遠出しないなら防寒のしっかりしたフィット感のある長靴もいい気がするけど、がぼがぼの薄いのしか持ってない…。
・歩いた印象:登りは普通に進めた。それと斜面を横切る時に、ヒール側に横滑り防止でレール状の爪がついているのでずり落ちづらい。下りだけは、まっすぐ下りようとすると若干滑った。
・機動性:漫画の『岳』で三歩がスノーシューで走ってたので試してみたら、平地では走ろうと思えばある程度走れた。ちょっと感動。それと、雪が柔らかそうなところで1mくらいの高さを飛び降りたら面白かった。まあ壊れたら悲しいから、あまり荒っぽい使い方はしないほうがいいだろうけど。
 そして、やはり歩くと内側はけっこうこすれる。これでフレームに傷がつくのだろう。

岳 4 (ビッグコミックス)岳 4 (ビッグコミックス)
石塚 真一

商品詳細を見る


 ただ3月でもう雪が締まって、ためしにスノーシュー外して歩いたら同じぐらいしか沈まなかった。本格的に試せるのは来シーズンかな。

 しかし。

 気付いた。

 冬の。
 休日に。
 晴れたら。

 スキーしたい。

 特に今年はシーズン券持ってるからな…。
 スノーシュー担いでリフト山頂から散策する手もあるにはあるけど、ボードブーツならともかくスキー靴に装着して歩く気にまではならず。ならばボードに挑戦かと言っても、スキーも満足にできない自分がこれ以上手を広げるのもどうよって感じだし。ボードでパウダー切るのも楽しそうだと最近思うようになったが、「楽しめる」レベルになるまでどれくらいの時間と痛い目を見るんだか。いっそボードよりテレマーク? いやそしたらスノーシューいらないじゃん。そもそもウィンターギアって何でも高けーんだよ。
 ってああいかん。話がよく分からなくなってきた。
 つまり。
 限りある冬レジャーシーズン。時間を有効に使いませう(そんなオチ?)。

雪原うぉーく
 一回行った牧草地、誰もいなくて遊んでしまった。ゼータク。

 しかしこんな記事見ると自分がえらいアウトドア系な気もしてしまうが。
 ほんとは巣ごもり系なのよ。まじで。



 という記事の下書きを保存したのが3月10日。
 で、11日に地震発生。

 スキー場全部臨時休業。
 その後も再開のめど立たず。
(今は遊ぶ気にはなれないだろうし、そもそもガソリン無きゃ行けない…)

 自分も自宅待機でガス欠が怖くて家から離れられず、けっこう活躍してますスノーシュー。
 世の中何があるか本当にわからない…。



スポンサーサイト

3.11以降

2011/03/15 15:16 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(0) Edit

3月11日 当日

 停電。
  ネット不可。
  テレビ不可。
  電話不可。
  ポンプアップ不能により夜断水。
  ボイラー不能により入浴不可。
 携帯通話ほぼ不通。
 携帯メール使用可。
 ガスは止まらず。
 食料備蓄あり。
 灯油余裕あり。
 石油ストーブで過ごす。
 情報はラジオ。家中の電池を動員。
 水洗トイレは浴槽に張った水で流す。

3月12日 二日目

 停電継続。
 断水継続。
 携帯電池切れ始める。
 石油ストーブ最強。
 夜に町の半分電気復旧。残り半分のエリア在住。がっかり。
 情報はラジオ。「テレビ見たいね」が口癖化。

3月13日 三日目
 
 電気復旧。
 電話復旧。
  知り合いと安否確認。
  職場より自宅待機の連絡。
 携帯充電。
  電池切れ前に送ったメールに返信届く。
 ネット開通。
 ようやくありついたテレビの衝撃映像に釘付け。

3月14日 四日目

 ガソリンがない。
 家にこもって過ごす。

3月15日 五日目

 ガソリンと物資を求め出かける。
  スーパーほぼ満車。
  即席麺の棚は空。その他の食料品、野菜はそこそこある。肉と魚品薄。
  トイレットペーパー在庫僅少。電池品薄。充電式はややあり。カセットボンベ品切れ。
 ガソリンはない。

 ガソリンがない。


 東北内陸の市町村はだいたい似たような感じ、かな。
 しばらく不安定な平穏の中での篭城生活になりそう。
 燃料不足がそうとう深刻です。
 いつまで、かなあ…。

プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。