ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スノーシューを調べてみた その2

2011/02/23 22:01 ジャンル: Category:アウトドアぐっず
TB(0) | CM(0) Edit

 「スノーシューを調べてみた その1」の続き。スノーシューを調べますた。

<おさらい>
 平地用と登山用があるスノーシュー。
 値段は山用の方が高い。

うさぎさん、歩く

 自分の用途としては、基本は平地をお散歩程度。ただし本格的な登山はしないがスキー場のゲレンデ程度の斜面はたまに登ってみたい(別にゲレンデを登るわけではない←怒られる)。
 そこで気になったのは、「山用だと平地は歩きにくいのか?」という点。検索してもよく分からなかったが、モンベルのカタログに「マウンテンハイキングモデル(山歩き用)は地形やフィールドにはオールラウンドに対応する反面、重量は重め」とあった。つまり大は小を兼ねるってことでいいのか。まあ平地用はそれなりに軽量化したり歩きやすくしたりの差別化はしてあるのだろうが。

<そんなこんなで、選ぶ時の注意点>
・用途…平地の散策か、登山か。
・重さ…重いと疲れる。使わないような機能までついたモデルだと、重さがデメリットに。例えばハイエンドモデルには登りの時にかかとをサポートする「ヒールリフター」って機能があるけど、山登らない人にはあまり用がなさそう。
・サイズ…大きいほど雪に沈みにくくなるが、足さばきの邪魔になって歩きにくい。長さのほかに幅もあるから、がに股ふうになるんだよねえ。小さいと足回りは軽くなるが、浮力が犠牲になる。
・適合重量…体重+全装備の合計重量。ただ、平地を散策する分には、適合重量より小さいモデルでもそんなに問題にならないらしい。小さい方が歩きやすい面もある。

 サイズはモデル名のあとにつく数字で分かる。アトラス1025なら25インチ、エクスプロア30なら30インチとか。女性なら21~27、男性なら25~30あたりが目安かな。アトラスはさらにELECTRA(エレクトラ)と後ろにつくと女性向けモデルで、フレームが細身になって歩きやすいらしい。

 今回、自分はタブスかアトラスで考えているので、以下は検討中モデル。

<一番手軽なエントリーモデル>
・TUBBS:エクスプロア
・ATLAS:8シリーズ/9シリーズ


 カタログ見ると機能が絞ってあるだけあって、やっぱり軽い。
 軽い方が絶対疲れないし、高いものがいいってわけでもないのかなーとか思ったり。
 このクラスはスターターキット的にポール(ストック)やケースがセットになったモデルも販売されている。


<ほしい気がするもの>
・TUBBS:ベンチャーFS/FLEX NRG
・ATLAS:10シリーズ

 オールラウンドタイプ(なのか?)で、価格帯ではだいたい中間よりちょっと上の2万円台中盤。
 何に使うかあまりよく考えていないあなたにぴったり!(なのか?)
 
  ★楽天の「スノーシュー アトラス」検索結果
  ★楽天の「スノーシュー tubbs」検索結果


 今回の記事はモンベルの店でもらってきたウィンターギアのカタログ冊子を参考にいたしました。スノーシューの分類や選び方が分かりやすく解説してあったので、近くに店舗があったら行ってみるのもおすすめです。

 つーか、そのものずばりなブログ見つけたよ。
  ★スノーシュー解説/snow2007
 メーカーごとに親切に解説してある。最初からここ見てれば…

あとらす1025
 ちなみに最終的に入手したのはコレ。アトラス1025。

※記事長くなったので、機能などの補足は追記にて
スポンサーサイト

スノーシューを調べてみた その1

2011/02/23 21:40 ジャンル: Category:アウトドアぐっず
TB(0) | CM(0) Edit

 今ほしいもの。
 スノーシュー。
 今というか数年前からほしい。と思うものの多分そんなに使わないことも分かっているので、ン万円も出して買う気になれずほしいほしいとつぶやくに留めておりました。

ふゆのあそび
 まあせっかく雪の降るエリアに住んでいることですし、ね。

 で、最近ちょっとまじめに値段とか調べ始めてみた。調べてみると分かるのだけど、スノーシューって選ぶの大変…。
 というわけで、ちょっと自分用にまとめてみたよ。あなたもスノーシューの選び方の参考になれば幸いナノダ。
 まだ買っていないので、勘違いとかあったらご愛嬌ってことで。

 まず何が分かりにくいって、

①種類がそーとーある。
  →おおまかに登山用と平地用。
②山用と里用の中にもカテゴリとランクがある。
  →マウンテニアリング、デイハイキング、アニマルトラッキング、トレイルウォーキング、バックカントリー、レース&ランニング等々…並べただけでちゃぶ台ひっくり返したくなるわい…。どのモデルが何に向いてるんだか素人にはわからん。
③各クラスのモデル名がメーカーごとに違う。そのくせ時々似てたりする。
  →ライトニング・アッセント(MSR)とアセントⅡ(TUBBS)とか…
④モデルチェンジがけっこうあるらしい。
  →オークションにTUBBSの「アドベンチャー」というモデルがたまに出てくるが、公式サイトに今出ているのは「ベンチャーFS」。クラス的には同じなのか?
⑤でもって、数年前のシリーズが公式サイトにない。
  →型落ち品やネットオークションに出ているものの詳細が調べられない。

 まあ多分一番安いのはネットオークションだと思うのだけど、これがうっかりすると難しい。
 オークションの出品だと「数回使っただけの美品です」ぐらいの説明で、何年前のモデルか分からないことがほとんど。上記④のモデルチェンジで無くなった型番だったりするとほぼ調べれられない。それに同じシリーズでも、古いものだと最近のモデルとはツメの数が全然違ったりするようだが⑤の関係で調べにくい。

 そんなこんなで貧乏ゆすりしながら調べた結果。

<よく出てくるスノーシューメーカー> ※各楽天の検索結果へ
MSR(エムエスアール)…登山用ならコレという感じらしい。でも高い。
TSL(ティーエスエル)…平地用ならコレ(以下略) ※今回あんまり調べてない
ATLAS(アトラス)…アウトドアメーカーのモンベルのブランド
TUBBS(タブス)…有名どころ?



※その他。適当に検索ワード足して絞り込むといいよ!←雑
  ★楽天 アウトドア>スノーシュー カテゴリへ
  ★amazonのスノーシューカテゴリ

 価格は一番安い里用のエントリーモデルで17000円ぐらいからで、山用のになると3万円台~というところか。
 で、自分としてはMSRはオークションでも何でもどうあっても高い、TSLはぱっと見があまり好きではないということで、今はタブスかアトラスの方向で考えております。MSRは山での機動性を高めるためにかなり機能を特化していて、その分いいお値段…とかどこかで見た。シビアな登山とかするならオススメなのかな。自分はそこまで高機能は求めておりませんで…。
 あと、楽天で検索すると「ドッペルギャンガー」というメーカーのが5000円くらいから出てくる。足を固定するビンディング(ストラップ)がずれやすいけど、ワカサギ釣りとかでちょっと使うならこれで充分と何かで見た。参考までに。

D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア)スノーシュー SW-13S S ブラウンチェック
・D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア)スノーシュー

 正直、実際はちょっと歩くぐらいなら、どんなモデルでもそんなに困らないとは思う。けど、やっぱり高いしどうせ買うならいいものが欲しいよね…とか迷ううちに買いそびれて今に至る。
 さあ今度こそ買えるのか貧乏性な自分! 以下次号!(?)
 →「スノーシューを調べてみた その2」


アトラススノーシューのモデル説明へ
↑アトラスのHPはモデルの説明がXY軸の表になってて分かりやすいかも。
 あとの各メーカーのHPはぐぐるとすぐ出てくるだす(←やる気ナッシング)。

宇宙ザクラ

2011/02/21 22:54 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(0) Edit

ふしぎニュースのめも。

Yahoo!ニュースより引用

宇宙帰りのサクラ異変…なぜか発芽・急成長 読売新聞 2月21日(月)14時33分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110221-00000667-yom-sci

 地上350キロ・メートルの国際宇宙ステーション(ISS)で2008年11月から8か月半、保管した桜の種を、地上へ持ち帰って植えたところ、発芽しないはずの種が芽を出すなど、異変が相次いでいることがわかった。

 原因は不明だが、無重力で放射線の強い宇宙環境で、遺伝子の突然変異や、細胞が活性化したなどの見方もある。

 宇宙を旅した桜の種は、北海道から沖縄まで13地域の子供たちが集めた名木14種類。このうち岐阜市の中将姫(ちゅうじょうひめ)誓願桜(せいがんざくら)は、樹齢1200年と言われるヤマザクラの一種で、米粒ほどの小さな種は、地元の保存会などがまいても発芽せず、接ぎ木でしか増やせなかった。

 保存会が種265粒を宇宙に送り、248粒をまいたところ、昨年春に2粒が発芽した。このうち、10センチの苗木に成長した1本は、葉の遺伝子の簡易鑑定で「他の桜の種が混入したのではなく、誓願桜の可能性が高い」と判定された。

 岡山県では、通常は1年に50センチ程度しか伸びない真庭市の醍醐桜(だいござくら)10本が、昨年春に発芽して、今は90センチ以上。うち1本は160センチを超えた。高知県佐川町では、1年に約30センチしか伸びないはずの稚木桜(わかきのさくら)が、約1年で最高135センチに成長した。

最終更新:2月21日(月)14時33分


すごいなあ。ふしぎだなあ。
木が発芽して1年で160センチ伸びるって、とてつもなくね?
すこし・ふしぎのSFじゃなくて、すごい・ふしぎだよ…。

つまり、トトロには宇宙のパワーがあったってコトか…(をい)。

となりのトトロ [DVD]となりのトトロ [DVD]
(2001/09/28)

商品詳細を見る

プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。