ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Win XPでSDHCが取り込めなかった話

2009/12/22 00:44 ジャンル: Category:雑記(写真)
TB(0) | CM(0) Edit

 こちらの記事で買ったデジカメの、画像取り込みで起きたトラブルの話。

 今回パワーショットG11で初めて使ったメディアがSDカード4GB。
 SDHCでclass4とパッケージに記載されていた。(→Google「SDHC」検索結果
 カメラの方は何の問題もなく撮れて、PCに画像を取り込む段になり、いつものようにカードリーダーに挿してパソコンに接続したら…。

 ナンテコッタ。
 認識しないよセニョリータ。

 PCにはSDカードを直接差し込めるスロットもあり、そちらに入れてもうんともすんとも言わない。
 これじゃRAWで撮っても現像できねーじゃん。

 いや待て、もしかしたらソフトのせいか。使っていたのはG6に同梱されていたZoomBrowser EX。とりあえずDPPことDigital Photo Professionalを入れてみよう…と思ったら、今度はこっちのディスクも警告が出てインストールできない!
 調べてみたら、どうも写真用で使っているPCはWindowsXPのサービスパック1(SP1)で、DPPインストールにはSP2以降が必要らしい。ネット接続しないで使っていたので特に不便もなく全然気にしてなかったのね。
 とりあえず最新のSP3を入れたら、DPPは無事にインストールできた。

 さあ、これでSDHCも…。

 やっぱり取り込みできない。

 同じ症状で困っている人もいるらしく、検索したらMicrosoftのサイトに修正プログラムがあるというお助けページを見つけた。ダウンロードしてUSBメモリに入れてそのPCに入れようとしたら…(まだるっこしい作業)。
「このPCのプログラムはこっちのパッチより新しいから必要ない」
 おおおい。

 となるとこのNECのPCの機種のせいか、と調べたら、専用スロット用のがあった!
 Windows Vista用。
 うああああん。
「XPでもうまくすれば読み込みできるようになるけど、失敗したら全部やり直しだから自己責任でやってね♪」という記事も発見できたが、ヘタレな自分にそんな勇気はナイ。

 次はPCと一緒に買ったカードリーダーが古いのか、とサンワサプライのページで探す。
「サポートは終了しました」
 ちくしょー。

 その間に、カメラからコードで直接PCに繋げば、これはいちおううまく取り込めることは発見した。でもこの方法だとなんとなく面倒くさいし、カメラの電源入れっぱにしないといけないからバッテリーも食う(と思う)。

 何より、なんか、納得、いかない。

 しかしカードリーダーのドライバが対応していない、ということは、対応しているやつならイケルという可能性もある。
 幸い今年に家族が買ったリーダーが近くにあったので、最後の望みを賭けて繋いだら…。

 読めた。
 あっさりと。

 くるしいたたかいだった…。

 ちなみにこれはデジカメの機種には関係なくて、SDHCの規格に対応しているかどうかの問題だったようだ。G11で例えばSDカード1GBを使った時は、従来のリーダーで簡単に読めた。

<まとめ>
 Canon PowerShot G11で使ったSDHC class4の4GBがウィンドウズXP SP1で認識されなかったという今回のトラブル。以下の二点で解決できた。

・Windows XPのSP2以降をインストール
・新しいカードリーダーを使用 (→カードリーダ SDHC検索結果)


 すげー焦ったし調べるのに時間食ったので、うろ覚えで完全に正しくない部分もあるかと思いますが、もし参考になれば。
スポンサーサイト

Power Shot G11買った

2009/12/21 01:45 ジャンル: Category:雑記(写真)
TB(0) | CM(4) Edit

Canon デジタルカメラ Power Shot G11 PSG11Canon デジタルカメラ Power Shot G11 PSG11
(2009/10/02)
キヤノン

商品詳細を見る



 買ったよ。
 なんかだいぶ前にG10ほしいとか書いた気がするけど、一年も経ってようやく買ったのは後継機。
 年末にもう少し安くなるのではないかと、伸ばし伸ばしにしていたが、東京に遊びに行くことになって急遽買ってしまった。タイミングであることよ。

 メインで使うカメラとしては、PowerShot G6からの乗り換え。5年くらいは使ったかなあ。とても頑張ってくれたのだけれど、雑な扱いやらなにやらのせいですっかりガタが来てしまったのであります。バリアングルは故障して背面から1ミリでも浮かせると画面が消え、ドット欠け多数、晴れた日に青空撮ると上部に黒い影が写りこみ、ファインダーのガラスも内側にずれ…。かわいそうなG6。
 ドット欠けはともかく、空に影が写るのはさすがに…ねえ。

 購入の際に迷ったのが、より重くてでかいEOS KissX3とより軽くて小さいPowerShot S90。まずデジイチはやっぱり重くてかさばるから、使用頻度考えると結局自分はコンパクト派なのだろうなあということでKissは見送り。たぶん比較してみんなが迷うS90は、まあ前のでバリアングル使ってて便利だったから今回は次点に。
 G10でやや弱いと言われていた「暗所での撮影」に強くなったらしいというのにも背中を押された。
 
Canon デジタル一眼レフカメラ Kiss X3 ダブルズームキット KISSX3-WKITCanon デジタル一眼レフカメラ Kiss X3 ダブルズームキット KISSX3-WKIT
(2009/04/24)
キヤノン
商品詳細を見る


Canon デジタルカメラ Power Shot S90 PSS90Canon デジタルカメラ Power Shot S90 PSS90
(2009/10/09)
キヤノン
商品詳細を見る


 ちなみにキャノンばっかり選択肢になっているのは、パナソニックのコンデジ(LUMIX DMC-TZ3)とオリンパスの一眼(E500)を使っていまいちソリが合わなかった経験があるから。取り込みソフトも慣れてるし、G6に愛着もあって後継機なら無難(?)だろう、という感じ。

 で、レビューでもないけれど、数回使った感想。

 画質はきれい。色合いも好きー。こればかりは好みの差で、キャノンの色に慣れているというのもあるのかもしれない。オリンパスのE500は、色がきつすぎる感じがしてどうもなじめなかった。
 さらに明暗が激しい場合でも、ハイライトがほとんど白飛びしないのがすごい。ダイナミックレンジが広いってこういうことなのかしらん。暗い部分もずいぶんなめらかな気がする。一昨年のモデルのパナTZ3が、感度が低くてもG6以上に画像がざらついていてしょんぼりしていたので、これは嬉しい。
 また暗い場所に強くなったというこのカメラ。東京でイルミネーション撮ったら、手持ちでもけっこう撮れた!

いるみねいしょん

 ISOオートで撮ったらISO800でシャッタースピード1/30秒だった。
 本当は低感度でまったり撮るのが理想でちびっこ三脚も持っていったけど、連れがいるとゆっくり設置して撮ってなんていられないんだよね…。ちなみにこの写真ではそんなに感じないものの、ISO800だと屋内などはやっぱり等倍で見ると和紙の表面みたいにもやっとしてくる。ただ普通のプリントサイズなら気にならないレベルではないかとも思う。

 操作性はというと、メニュー画面でいじらなくてもダイヤルやボタンで設定できるのが便利な反面、ボタンがいっぱいあって、持つ場所が限られている感じ。無造作にいじっていると、右手の親指の付け根がホイールに当たってしまうときがある。慌てて撮ろうとする時ほど触っちゃうんだよね。くそぅストロボの設定はどうでもいいの!みたいな。ま、耐えられないほど不便ではないので、追い追い慣れていくことでせう。

 おまけ的に嬉しかったのは、昔KissⅢ用に買ったレリーズが使えたこと。三脚使って花火撮る時なんかによさそう。フィルム時代に買ったアクセサリが使えるって、不思議だ。
Canon リモートスイッチRS-60E3

 ただこのレリーズってバルブ撮影でも使えるんだろうけど、G11ではバルブができないのが残念! そこまでは無理でもせめて1~2分くらい長時間露光ができてほしかった…。このシリーズって最大15秒しか撮影できないんだよなあ。一眼レフとの差別化なのか? 天の川撮りたいよう。

 まだ買って間もないけど、ちょっと使った感じはいいカメラだという印象を持った。デジイチ持って歩くほどではないけど、多少は凝りたいって人にはいいのではないでしょうか。あまりかさばらないほうがいいなら、ほぼ似たスペックでいてさほどまにやっくな外見でないS90なんて、スゲーおすすめなんじゃないかと思う(自分が中途半端ぷちまにやっくなのは認めるよ、この際)。

 といわけで、5年くらい使っているパワーショットを買い換えようか迷っている方(いるのかそんなひと)の参考に捧げるキャノンの回し者的記事ですた。

Canon デジタルカメラ PowerShot G11 商品詳細

プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。