ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強奪・萩尾望都バトン

2006/05/26 13:25 ジャンル: Category:雑記
TB(2) | CM(15) Edit

 ぐるぐるさんちに萩尾望都バトンが落ちているのを見つけて、つい懐かしくなって拾ってきました。
 子供のころに初めて読んで以来、なんだかよく分からないと思いつつも好きだった作家です。一時期は『地球(テラ)へ…』とかの竹宮恵子と混ざっていたのはナイショですが…(言ってるし)。
 自分にとっては「モー様」はあまりしっくり来ないので、「萩尾望都バトン」で行かせていただきます。ワガママ。

 きちんと読み返しもせず、うろ覚えで書きなぐっているところもあるので、ちょっとあやふやです。設問も書けるものから書いてるうちに順不同になっちまった(汗)。

◆初めて読んだ萩尾望都
 自分で買ったのではなくて家にすでにあったものを読んだのではっきりしませんが、記憶に残っているのは『百億の昼と千億の夜』。ただ同時期に『ポーの一族』『11人いる!』なども読んでいると思います。
 ちなみに読んだのは小学生の頃で、中学で原作『百億の昼と千億の夜』(光瀬 龍)を読もうとしたがムズカシクて挫折。今なら読めるのかなあ。
 漫画版も、雰囲気はすごく好きで部分部分は印象に残っているのですが、全体は理解はしていなかった気がします。

(『百億~』の表紙が出てこないので)
11人いる! 11人いる!
萩尾 望都 (1994/11)
小学館


◆頭の中のモー様の容量
 ここ数年は買っていないし、今はそれほどでもないです。ただ読んだ作品は何度も読み返しているし、今でも時々読み返しています。
 コンナバトンヤッタラマタヨミタクナッテキタ…

◆一番好きな作品
『マージナル』
 デスノートのキラよりこっちのキラでしょう。やっぱり。
 メイヤードがいいですね(←おかしい?)。

『マージナル』(1) マージナル (1)
萩尾 望都 (1994/01)
小学館

 おおっ。今の表紙こんなんなってるんですね。かっこええ。
 文庫もあり。→『マージナル』文庫版

◆一番好きなキャラ
『ポーの一族』のエドガーとメリーベル(2人じゃん!)。
 それとやっぱり『マージナル』のメイヤード。あの屈折した感じがなんとも。最期もね。ほろり。

◆自慢できるモー様コレクション
http://www.cafebleu.net/hagio/(萩尾望都作品目録)でチェックしました。
 最初に書いたように、自分で買ったのはあまりないのですよね。
 うちにあったのは上述のは除いて『銀の三角』『続11人いる!』『ウは宇宙船のウ』。探したら『アロイス』も出てきしたが、これは未読。

ウは宇宙船のウ ウは宇宙船のウ
萩尾 望都 (1997/08)
小学館

 自分で買ったのは『スター・レッド』『イグアナの娘』
『宇宙叙事詩』文庫版。光瀬龍+萩尾望都の画文集。
『マージナル』イメージサントラCD。中古屋で見つけて衝動買いしたものの、さほど好みでなくてあまり聴いてない(爆)。
 あと文庫本の表紙もの。『平たい地球』『魔王子』『魔道師の杖』『光の王』『妖精の王国』『ドラゴンになった青年』とか、そのへん。
 そのほかに「ザ・スニーカー」という雑誌で田中芳樹と対談してるのを読みました。探せば出てくるはず。

◆好きな台詞
 タイトルなのですが、「11人いる!」。完璧に作品を言い表しています。

◆好きなコマ
 コマ単位では覚えておらんとです。ソーリー。思い出した(記憶に残っている)シーンということで。
・エドガーがキング・ポーに迫られる(笑)ところ。ぞくっとします。
『スターレッド』で火星人の夢見の杖が共鳴するところ。音と映像で見たいです。

スター・レッド スター・レッド
萩尾 望都 (1995/04)
小学館

◆つい笑っちゃうコマ
『百億の昼と千億の夜』
「オレノダ」「個室(コンパートメント)……個室……」←笑うシーンではないのだけれど、なんとなく…。

◆似合う花 
◆似合う色

 二つまとめて(おうちゃく)。
『ポーの一族』は血の色をした薔薇。
 SFはこの世のものならぬ材質でできた不思議な花と、霧にけぶった寒色系の不思議色。

◆似合う音楽
 なんだろ。SF系はフュージョンとかトランス? 「歌」ではない気がする。

◆着たい服 んー。特には…。

◆食べたいもの
◆作中の誰かになるとすれば、何をするか?

 またもや二つまとめて。
 全体に「なりたい」キャラクターってあまりない気がします。みんないろいろな運命に翻弄されて、大変そう…。
 作品世界に行くなら、ポーの村で薔薇見物して薔薇茶飲んで、特産品の香料を買いますよ。薔薇のフレーバーって高いんだもん…。
 でもやっぱり一族に加わりたいとは思いませんが(笑)。

ポーの一族 (1) ポーの一族 (1)
萩尾 望都 (1988/06)
小学館

 文庫版もあり。→『ポーの一族』文庫版

◆次にまわす人
 うーんうーんうーん。毎度のことながら、ここは離れ小島ブログでバトン終着駅なのですが。個人的には、とらさんがどれくらい萩尾望都作品を読んでおられるか、ちょぴり気になります。
 何本かの自由持ち帰り用と、黄色と黒のしましまに塗った一本を、渡さないでそっと置いておくとしましょう…。


※追記:Blog People萩尾望都の話題用のTB集を見つけました。
スポンサーサイト

むし

2006/05/21 23:59 ジャンル: Category:画像の館
TB(1) | CM(2) Edit

 むしむし、なぞなぞ、はじめーっ!
(↑アルゴリズム体操のフラッシュ見たばかりでノリが伝染したらしい)

影絵むし
影絵むし

 さあさあさあさあ。
 みなさん、お立ちあい。

 わたしはだぁれ?

 ……。

 はい、答えっ!

葉っぱむし
葉っぱむし

 名前は知りません!

 おそまつ!


ひかりのけむし
ひかりのけむし

 遠目には日の光を浴びてきれいだったのに、近寄ってよく見るとちょっと毛虫みたいな感じでした。

 つまり、ほら、よく言うあれですよ。

「色の白いは七難かくす」

 ……違う?
 あ、そう。



遅くても春

2006/05/15 00:07 ジャンル: Category:画像の館
TB(0) | CM(0) Edit

 こちらのネタだけじゃあんまり(?)なので。

山桜一輪
山桜一輪

 高原で。山の春は遅いですね。
 えっ?
 うちの近くかって?
 そんなことはないですよ。いくらなんでも、そんなことは…。


白クリスマスローズ
白いクリスマスローズ

 出たとたんに咲くその心意気や良し。←何をえらそうに


唐松_若葉
唐松の若葉

 何か、不思議なところから出ております。

 この時期は緑がきれいでよいですね。

水仙 vs. 拙者

2006/05/14 23:40 ジャンル: Category:画像の館
TB(1) | CM(4) Edit

 ようやく花もちょっとずつ咲いてきたので、たまには写真でも撮るかいと外に出た。

 では本日の成果、どうぞご覧ください!

水仙_フレームアウト
水仙フレームアウト
↑風めが…!

水仙と白樺_後ピン
水仙と白樺後ピン
↑マクロにし忘れた…。

水仙_中途半端
水仙中途半端
↑何がしたかったのか…。

水仙と白樺と空
水仙と白樺と空
↑妥協

 うーん。

 ちょっと今日は風が強かったからなあ…。

 そうか?
 それだけか?
 お前それでいいのか!

 以上!

ナナムジカ・アルバムあそび

2006/05/06 01:25 ジャンル: Category:ことばあそび
TB(1) | CM(22) Edit



ナナムジカ, 西島梢, 243, 京田誠一, 遠山大介, 松藤由里

ユバナ


 ふだんはジャズ聴きなのですが、柄にもなくポップス紹介しちゃいます。2006年4月26日発売の、ナナムジカのフルアルバムです。
『Ta-lila』とか『くるりくるり』など、いい感じでけっこうお気に入りなのであります(シングル曲じゃん…)。
 あ、このアルバムでは『BLUE FOREST』が好きでした。
 ユニット名の由来は古代神話の月の女神・ナナ+ラテン語で音楽を意味するムジカ。詳しいことは公式サイトでも見るよろし。
 というわけかどうかは存じませぬが、このアルバム『ユバナ』もサンスクリット語で「月」の意味なそうな。草津温泉じゃないのか(湯花♪)。

 ん?
 サンスクリット語で月?

 そんなおいしい単語なのに、聞き覚えないなあ(ばか)。

 というわけで、すごい久々に参考書を引っ張り出してみた。

サンスクリット語初等文法―練習題,選文,語彙付

 これ、巻末に練習題とその語彙集が付いているのでござる。べんり。
 まあユバナったって、yuvana(ユヴァナ)であろうと調べるが、載っていない。
 やっぱりなあ(何が)。

 かくなる上は、あれか。

A Sanskrit-English Dictionary: Etymologically and Philologically Arranged With Special Reference to Cognate Indo-European Languages

 あ さんすくりっと―いんぐりっしゅ でぃくしょなりー。
 サンスクリット語の単語を引くと英語で意味が載っている、べらぼうな辞書ある。買わされたけど、ほとんど使ったことなかたある(とつぜん中国風)。
 しかしAmazon、こんなものまでちゃんと探せるのね…。すごい。

 で、見つけました。はい。確かにyuvanaでmoonになっとりました。詳しい説明がないところを見ると、あまり一般的な単語ではないのかもしれません。
 それだけかって?
 それだけだよ。
 ああ。不満かい。

 ↓じゃあ、デーヴァナーガリー文字でのつづりはこう
ゆばな
(yu va na)

 うん。
 辞書とフォント取っといてよかったね…。

 何やっとるのだ、自分…。

ようやく桜

2006/05/03 00:48 ジャンル: Category:画像の館
TB(2) | CM(21) Edit

 やっとこ咲いたと思ったら、気温が高くてあっという間に花が開いた。

さくらとそら

さくら3

さくら2

さくら1

 上の2点がソメイヨシノで、下は山桜かな。下のは茶色い葉っぱが一緒に出ていたし、花びらの形も違いますね。

 せっかく咲いたはいいのだけれど、連休中はあまり出かけられないので、今年はもうあまり花見はできなさそう。んー。
 でもまあ、今日はそれなりに堪能しました。
 やっぱり桜を見ると、気分が華やぎますね。花だけに。うむ。

萌える季節

2006/05/02 23:37 ジャンル: Category:画像の館
TB(0) | CM(0) Edit

萌え

わかば、萌え萌え~

 勘違いしちゃったアナタ。
 つい引っ掛かったアナタ。

 あっはっは。

 残念!

 そっちの萌えじゃなくて、こっちの萌えでした!

 こっちってどっちって?
 国語辞典に載ってる方面ですわい。

 と、いうようなネタを展開してみたかっただけなのです。

 おそまつ。

プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。