ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく虹色げな雲

2005/11/30 22:31 ジャンル: Category:画像の館
TB(0) | CM(0) Edit

色付き雲

色付き雲(クリックで拡大)

 太陽にかかった雲のへりが、なんというか、虹色っぽく色がついておりました。
 よくあることなのでしょうか。よく分かりませんが。
 今まで、さほど空(雲)を細かく眺めたりはしなかったのでが、ブログに写真を出すようになってから、やたらと空の様子が気になります。
 運転中も気もそぞろで、「あの雲はどうだろう」とつい思ってしまいます。ちょっと危険ですね。
 そんな「にわか空眺め組」なので、「この雲はどうかなあ…」と思って、何枚か撮ってみたわけです。
 しかし、眩しかった…。
 逆光は眩しいのがつらいですね(当たり前か。笑)。目にも悪そうだし。ほどほどにしないと。
 まあ、ブログばっかりやってる方がよほど目には悪いのですがね…。

スポンサーサイト

買っただけで読んでいない本の記事

2005/11/24 23:33 ジャンル: Category:雑記
TB(0) | CM(0) Edit

今日Book offで買った本。

椎名誠
『本の雑誌血風録』 角川文庫
『もだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵』 朝日文庫

ヤマケイジュニア図鑑6
『海辺の生き物』

 全部105円。せこ。
 最近ちっとも新刊を買わなくなりました。しかもファンタジー好きと公言しながらこのチョイス。てきとうです。
 でも椎名誠は、昔からけっこう好きなのです。
 最初に読んだのは『わしらは怪しい探検隊』ですが、『水域』とかのSFもよいです。あと『ジョン万作の逃亡』の中にある「悶絶のエビフライライス」とか…(とてつもなく変な話です。気の弱い方は読まないほうがいいかも?)。
 彼の本を読んで困るのは、読むとしばらく口調や文体が伝染ってしまうことでしょうか。ひこひこ笑うとか、サキヌマドクタラシとか、頭の中がシーナ的言語に書き換えられるのである。ぬふふ。
 まあ、読んでいない本が常に山ほどあるので、これもいつ読むのか分かりませんが。
(ああ、最近ちっとも「読書が趣味」でなくなっている…)

『海辺の生き物』は、魚やエビカニの写真が載っている薄い図鑑。アメフラシやウミウシの変な写真に釣られました。

 それにしてもAmazonとリンクするのって、FC2は簡単にはできないのか。想像妄想空疎空想うそ日記がお世話になっているアメブロは不便だと思うこともたくさんあるけど、やっぱり一長一短ですね…。

↓何も無いのも寂しいので、花の写真。名前不明。
黄色い花


秋の日に輝く謎の綿毛

2005/11/23 21:49 ジャンル: Category:画像の館
TB(0) | CM(0) Edit

煌く綿毛

『煌く綿毛』(Canon PowerShotG6 マクロモードにて撮影)

 えー、これ、なんでしょうか。
 いつも通る道路を車で走っていたら、白く光っていてとても目立ちました。最初は花が咲いているのかと思ったほどです。
 近寄ると、こういう物体だったわけです。
 秋の終わりにこれだけ遠目にも目立つので、いずれ名のある植物なのではなかろうかと思うのです。俳句の季語とか…。写真をどこかで見たような気もするのですが。
 もう少し引いた写真も入れますので、分かったら教えてください~。

綿毛ようの植物

『綿毛ようの植物』

 それにしても、デジカメはすごいなあ。うまくピントが合ったものは、毛の一本一本まで写りました。
 下は100%の大きさの画像を一部切り取ったものですが、まるでグラスファイバー(ガラス繊維)のようです。

ひかりの針

『ひかりの針』

 本当は冒頭の写真のような、日光を受けて煌く写真をもっと撮りたかったのですが、数枚撮った時点で太陽が隠れてしまいました。
 そして半分はボケボケ…(こればっかり)。
 チャンスがあれば、もう一回ぐらい挑戦したいです。


逆光でシクラメン

2005/11/23 00:04 ジャンル: Category:画像(赤いもの)
TB(0) | CM(0) Edit

ミニシクラメン

ミニシクラメン(クリックで拡大)


「ミニシクラメン」という呼び方が正しいのかどうか分かりませんが、つまり小型のシクラメンです。そのまんま。
 鉢を窓際に置いて、逆光で撮ってみました。
 花びらのねじれっぷりがいい感じ~。
 ちょっと踊る炎を思わせます。(をを、詩的。笑)
 あと形でいうとバドミントンの羽根か。
 超うろ覚えですが、昔、夢枕獏の「カメラとは光(色だったかも)を蕩かす機械だと思っていた時期がある」という話を何かで読んだ記憶があります。花に思い切り近寄って、わざとピンボケにしたりしていたようです。
 なんとなく分かる気がします。
 まあ、自分の場合はボケているとがっかりしますが(笑)。
 でもマクロって、すぐボケるんだよなあ。難しい。今回も無駄な写真がいっぱい撮れました…。

 

哀愁漂うパンダ的な雲

2005/11/21 21:38 ジャンル: Category:ことばあそび
TB(0) | CM(0) Edit

夕空を眺めるパンダ

夕空を眺めるパンダ(クリックで拡大)


 左の雲、横向き(やや背中)のパンダの上半身に見えませんか。
 見えませんか。
 見えましたか。
 見・え・ま・す・よ・ね。

 よし! 刷り込み完了!

 まあ、これだけだとなんなので、久々にことばあそびでも。

 パンダ、パンチでこてんぱんだ。

 ちなみに、「こてんぱんだ」を変換したら「古典パンダ」になりました。ふふっ。
 
 以上!


神が降りてきそうな空

2005/11/18 01:11 ジャンル: Category:画像の館
TB(0) | CM(0) Edit

太陽神降臨

太陽神降臨(クリックで大きな画像が見れます)

 太陽に直接カメラを向けました。
 もちろん眩しくてファインダーも液晶も役に立たないので、運に任せてシャッターを切っております。で、写ったよけいな樹木や家はトリミング(笑)。
 こんなことやって、オートでまともに撮れるんだから、デジカメってすごいですねえ。
 いや、フィルム一眼レフとかでもオートで大丈夫なのかは分かりませんが…。現像やプリントにお金のかかるフィルムと違って、失敗なら簡単に消せるデジカメは本当に便利です。
 あの白いハレーションの中から大日如来やキリスト様が現れても、不思議はなさそうな気がしてしまいます(不信心者)。
 空は毎日表情が変わるから、面白いですね。
 まあ、撮り出したらきりがない、とも言えますが(笑)。ハードディスクの容量に気をつけないと?

●よろしければうそ日記もどうぞ!→「使用上の注意」…写真のバックアップのつもりで買ったCD-Rが変だった話


きのこ的雑談

2005/11/15 00:35 ジャンル: Category:画像の館
TB(0) | CM(0) Edit

謎きのこの株

謎きのこの株立ち(誰か名前教えて…)

 きのこの本を眺めるのが好きで、きのこの写真を撮りたいと常々思っているのですが、なかなか見つかりません。今年撮れたのは、クリタケ、ナラタケ、謎きのこ数種(笑)。種類的には、去年とほとんど同じです。(いずれアップしたいです)
 昔、チシオタケというきのこに針のようなカビがぴぴぴっと生えているのを一度だけ見たことがあるのですが、その頃はまだ写真に全く興味がありませんでした。あれって、きのこカメラマン憧れの被写体の一つらしいのです。確かにびっくりしました。
 その後、ずっと探しているのですが、ちーとも見つかりません…。もう一回見て、あわよくば撮ってみたいものです。
 あと、タマゴタケ、ベニテングタケ、ホンシメジ、マイタケあたりも撮ってみたいきのこです。前二つは見たことがあるのですが、後の二つは…マツタケに並ぶ超上級天然きのこなので、撮るのも採るのもたぶん一生ムリでしょう(笑)。
 それ以前に、そもそもきのこは強敵です。なぜなら薄暗いところに生えていて、しかも小さい! カメラは手ブレするし(三脚使え)、マクロでも後ピンになるし。腕が足りなくて面倒くさがりという、自分みたいな人間には、そもそも向かない相手です(笑)。変に絞りとかいじれるような機種じゃなくて、けっきょくは「あゆはぶれない」みたいな手ブレ補正がある方がいいのかもしれませんね。
 こういうのって、下手に中途半端な知識があると、かえってうまく行かないのよね…。
 そして我が家の近辺では、きのこの季節はもう終わり。
 来年に期待しましょう~。

古キツネノチャブクロ

育ちすぎたキツネノチャブクロ(たぶん)



中途半端な月

2005/11/13 19:15 ジャンル: Category:画像の館
TB(0) | CM(0) Edit

晩秋の夕月

夕暮れの月


 夕暮れ時に、道路わきの駐車場を行ったり来たりして撮影。
 月を入れるときって、どの位置にするか悩みませんか? 中央か、両サイド寄りか、上か、下か、寄りか、引きか――。
 きっとこういう部分でセンスが問われるのでしょうねえ。自分の場合はよく分からないので、闇雲に何枚か撮ってきて、取り込んでからがっかりということが多いです。
 今回は……どうでしょう。よう分からん(爆)。
 でも月をアップで撮りたくても、ズームも限界があるし。
 そんなことを言い出すと、テレコンほしいとかワイコンほしいとか一眼レフデジカメ欲しいとかいった、際限ない話になるわけですね。

秋の月 眺めて物欲 刺激され

 ああもう……。


宵に迫る雲

2005/11/13 17:29 ジャンル: Category:画像の館
TB(0) | CM(0) Edit

宵に迫る雲

宵に迫る雲


 夕焼けを撮ろうとしてカメラを持って外に出たものの、時すでに遅く…。くそう。秋の太陽は、本当に落ちるのが早い。
 でも雲が面白い感じに手遅れの夕焼け(笑)を取り囲んでいたので、撮ってみました。なんとなく不吉な感じも…?


体の芯まで温まる誤変換の宴

2005/11/08 01:54 ジャンル: Category:ことばあそび
TB(0) | CM(0) Edit

新たなる宇宙の真理発見!!

黒滝温泉→黒タキオン線



謎の大船団来襲!

四十八滝温泉→四十八タキオン船
千ヶ滝温泉→千ヶタキオン船


以上でござる!
おそまつ。

ほんとに行くなら↓
黒滝温泉(岩手県)四十八滝温泉(岐阜県)千ヶ滝温泉(長野県)


あおぞらとくも

2005/11/04 00:08 ジャンル: Category:画像の館
TB(0) | CM(0) Edit


空と雲ぷかぷか

 ……まあ、ありきたりではありますが……。いいですよね。空。


求む花咲じいじ

2005/11/03 23:25 ジャンル: Category:画像の館
TB(0) | CM(0) Edit


たぶん山桜ではなかろうかと思うのですが

 先日、紅葉を撮りに行って、枯れ木を撮って帰ってきました。
 紅葉した山の中で、枯れ木って目立つのです。取り込んでみてから、地味ーな写真ばかりということに気付きました。ちなみにこのほかに骨のような白樺も撮っていました。まぬけですね。
 目当ての「きのこ」は見つからないし。食べれなくても毒きのこでもなんでもいいのですが、奴らはなかなか素人の視界には入ってきてくれぬのです。
 ああ、今年もほとんどきのこが撮れないまま、冬が来る…。


プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。