ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『素数ゼミの謎』読んだ

2012/02/06 12:03 ジャンル: Category:その他の本
TB(0) | CM(0) Edit

 最初に病院行った日に、待合室で読んだ本。

素数ゼミの謎素数ゼミの謎
(2005/07/12)
吉村 仁

商品詳細を見る


アメリカに、13年、あるいは17年に一度だけ何億匹も大量発生し、数週間だけ凄い声で鳴き交わして死んでゆく、へんてこなセミがいます。どうしてそんなに長い間地中にいるの?13年と17年なのはなぜ?日本人の科学者が初めて解いた、奇妙な「素数ゼミ」の秘密。 (Amazonより引用)

 子供から大人まで楽しめる科学読み物
とも紹介されていましたが、確かに。
 というか、この手の子ども向けの体裁の本って、反対に大人でも難しいような科学の不思議を、子ども向けに分かりやすく書いてあるということのほうがすごいといつも思う。

 セミってふつうのやつでも8年くらいは土中で幼虫時代を過ごすのだけど、アメリカにいる素数ゼミという種類は、13年か17年という長期間を土中で過ごし、同じタイミングで羽化するのだそうだ。羽化の年はもうそれこそものすごい数のセミが出てきて、騒音も凄まじいのだそう。
 名前は聞いたことあったけど、詳しいことは知らなかった。13年ごととは言っても全米で同じ年に発生するわけではなく、いくつかのグループがエリアごとに存在していて、この年はこのエリアで発生するという感じなのだと。17年組は何グループあってこのエリアで何年に発生というデータも出ていて、かなり細かく研究されていることが分かる。


※この先はネタバレに繋がるので、気になるかたやこれから読むつもりのあるかたは読まないでください。

スポンサーサイト

『元素の小事典』読んだ

2009/03/01 22:37 ジャンル: Category:その他の本
TB(0) | CM(0) Edit

元素の小事典 (岩波ジュニア新書 (316))元素の小事典 (岩波ジュニア新書 (316))
(1999/03)
高木 仁三郎

商品詳細を見る


百十余個の元素すべてについて,その性質と特徴を,私たちの生活と関わる興味深いエピソードを通して解説した本書を読めば,宇宙や地球の誕生から現代の公害,原発,環境破壊等の問題に至るまで,思いがけない広い世界が見えてくる.元素の基本知識はもとより,広く科学と人間の関係をも考えさせる「読む事典」の改訂決定版.
Amazon 出版社/著者からの内容紹介


 文系人間なので理系はさっぱりさっぱりなのだけど、興味はあるのであります。
 この岩波ジュニア新書系はけっこう好きで古本で見つけると時々買っておりまする。
 寝る前に元素3つ分くらい読むと、あっという間に眠くなる重宝な本なのです(おい)。
 かなりもーろーとしながら読んだので、たぶんもう一回くらい寝酒がわりに読めるかな(おおい)。
 不眠症の人にも、おすすめ!(?)

 それはともかく。
 元素ひとつひとつのエピソードが見開き2ページで紹介されている。性質が詳しく書いてあるよいうよりは、読み物として楽しめる本という感じ。
 自分のように物理に疎い人が読んでも豆知識として面白いけど、今勉強している人が読むのも興味が広がってよいのではないかな。名前の由来とか発見の経緯とかも分かって、味気なく見えた周期表や元素記号やがちょっと身近に感じられた。
 まあ憶えられるかどうかは全然別問題なのですがね(開き直り)。

 これのほかに、同じシリーズの『単位の小事典』も面白かったです。
 不眠症の人にも、おすすめ!(←やっぱりそれかい)

新版 単位の小事典 (岩波ジュニア新書)新版 単位の小事典 (岩波ジュニア新書)
(1995/09)
高木 仁三郎
商品詳細を見る

 あっ、作者いっしょなんだ~。へー。


元素の小事典 (岩波ジュニア新書 (316))
高木 仁三郎
岩波書店; 新版版 (1999/03)

『くまとやまねこ』読んだ

2009/02/15 23:03 ジャンル: Category:その他の本
TB(0) | CM(2) Edit

くまとやまねこくまとやまねこ
(2008/04/17)
湯本 香樹実

商品詳細を見る


 最愛の友のことりが死んでしまった。くまはうつくしく飾った箱にことりの遺体を入れ、肌身離さず持ち歩く。そして暗く塞いだ日々を送っていたくまはある日、やまねこと出会い…。

 帯の絵本の大賞とか感動とかいう文字が目に入って手に取った。

 さらっと読んだ印象ですが。
 ときどき色が入る暗いモノクロの絵が印象的。
 くまがことりのいない今日の朝といた昨日の朝について考えたくだりが悲しかった。中盤以降は素直な展開で、くまの心情の変化が伝わってきた。

 ただ「感動する」なんてあおられて、ちょっと構えちゃったかなあ。
 とか思ってしまった自分って、心が乾燥しているのか…。

 もしかして置き換えられてしまうような体験があれば、かなり違うのだろうとも思う。まあそういう体験をしていないというのは、幸運なことなのでしょうね。
 本は出会うタイミングも大事ですな。

 昔『100万回生きたねこ』を読んだときはかなりぐっときたんだけど。
 どうなのかなー。

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
(1977/01)
佐野 洋子

商品詳細を見る


 ところで、記事を書くのにうろ覚えで絵本大賞で検索したら、ずいぶんいろんな絵本大賞があるようで…。この『くまとやまねこ』は「MOE絵本屋さん大賞」だそうです。

くまとやまねこ
湯本 香樹実(文)
酒井 駒子(絵)
河出書房新社 (2008/4/17)

『奇縁まんだら』読んだ

2009/01/27 20:29 ジャンル: Category:その他の本
TB(0) | CM(2) Edit

奇縁まんだら奇縁まんだら
(2008/04/16)
瀬戸内 寂聴

商品詳細を見る



いまや日本を代表する女流作家が、藤村、川端、三島から岡本太郎まで、21人の物故巨匠作家との奇縁を綴った随想集。誰にも書けない日本文学史“ライブ”であり、“自立した女性”の魁となった著者の精神史でもある。
Amazonより


はじめに
島崎藤村
正宗白鳥
川端康成
三島由紀夫
谷崎潤一郎
佐藤春夫
舟橋聖一
丹羽文雄
稲垣足穂
宇野千代
今東光
松本清張
河盛好蔵
里見
荒畑寒村
岡本太郎
檀一雄
平林たい子
遠藤周作
水上勉


 正直、知らない作家もおりますが、そうそうたる顔ぶれ…。
 自分はジュンブンガクは読まずに来てしまったので、この本に出てくる作家たちは本当に文学史に出てくる歴史の人、というイメージ。
 それでもこのエピソードの数々を読むだけで面白かった。好きな作家が入っていれば、なおさら興味深く読めるのだろうなあ。

 新聞連載をまとめた本ということで、ひとつのエピソードも長くなくて読みやすい。何人かずつゆっくり読めばいいやと思っていたが、あんまり面白いので一気に終わってしまった。
 メンバーと言いエピソードと言い、こんな交遊録を書けるのは、きっとこの人だけだろうなあと思わされる一冊でした。

 それにしても、昔の文学者ってやたら女ぐせが悪かったりして、めちゃくちゃなパワーに満ち溢れているなという感じ。まあ寂聴さんが美男子のエピソードばかり集めているせいもあるんだろうけど。おまけにけっこうみんな長生き。好きなことしてるから?
 今は純文学、というか小説の世界、というか日本全体にこんなパワーがなさそうな気がする、とか思った。


 ところで、この本が面白かったので勢いでもう一冊寂聴の本を手にとってみた。

つれなかりせばなかなかに―文豪谷崎の「妻譲渡事件」の真相 (中公文庫)つれなかりせばなかなかに―文豪谷崎の「妻譲渡事件」の真相 (中公文庫)
(1999/12)
瀬戸内 寂聴
商品詳細を見る

 ところが、こちらは挫折。
 なんだか文章の何かが鼻について、読みきれませなんだ。
 どういう加減なんでしょうかね。

奇縁まんだら
日本経済新聞出版社 (2008/4/16)
瀬戸内 寂聴
横尾忠則

 言わずもがなだけど、横尾忠則のイラストもまた良いのであります。
 三島由紀夫のやつはちょっとオバマ似。
 もう1冊出るようですが、それもぜひ読みたいです。


『はじめてのアロマテラピー』

2008/12/14 10:29 ジャンル: Category:その他の本
TB(0) | CM(2) Edit

はじめてのアロマテラピーはじめてのアロマテラピー
(1998/06)
佐々木 薫

商品詳細を見る


 読んだというか、ぱらぱら見ている。

 この手の本が一冊ほしいので、買ってみた。古本で。(毎度ですいません)

 自分、このたぐいの本が全体に好きなのであります。チーズや紅茶や色の事典とか。実際はハーブティーなんかもさほど得意でないので、あまり使わないと思います。先日は雑貨屋でお香の匂いに当たりすぎて頭が痛くなりました。ええはい。
 ちょっとだけ嗅ぐのは好きなのだけどね。

 実は得意でないなりに理由もあります。
 最近車を買い換えました。買う気なかったのに、車検でん十万かかると言われて、そのまま泣く泣く前の車とお別れする羽目になってしまった。あまりに急すぎて呆然としてしまったよ…。金がないんだってば!(逆上)
 で、新しい中古車(?)に乗ってみたら、なんかすげー変な臭いがついていたのだ!
 で、消臭剤の前にアロマでも試してみようかと思いました。
 以上。

 とは言えこの本は、精油や乾燥ハーブの使い方と香りを楽しむ方法、ハーブの種類と効用事典、日常的な使用例(頭痛のときには何が効く、とか)と三章に分かれていて、初心者が一冊持っていると便利な良書という感じだった。
 特に個人的には二章の事典が読んで面白かった。

 そして車の臭いはというと、グレープフルーツの香りと混じって、さらにへんてこになりましたとさ。
 ぬぬ。


『ピッツァとパスタで過ごす休日』読んだ

2008/12/08 22:06 ジャンル: Category:その他の本
TB(0) | CM(0) Edit

ピッツァとパスタで過ごす休日 (Neko mook (885))ピッツァとパスタで過ごす休日 (Neko mook (885))
(2005/09/16)
片岡 護; 日高 良実; 渡辺 陽一; 本多 哲也; 黒川 陽子

商品詳細を見る


 読んだというか、まあレシピ本なので、レシピ本らしい使い方をしたのだ(?)。

 店で食べるみたいなピザ生地が作りたくて何種類か試したんだけど、なんかいまいちうまく行かない…。
 というわけで、この本の写真が美味そうだったから今度こそと思ったわけですね。

 結果。

 写真違くね?

 ふちが表紙の写真みたいに焦げてくれないよう。

 250℃で13分って、焦げないような気もしたけど、やっぱり焦げなかった…。
 まんべんなく狐色に焼きあがったわ。ふっ。

 そしてこれは自分が失敗したのだろうが、も少し薄く延ばすべきだったらしく。
 びっくりするぐらいパンっぽい耳になった…。
 耳だけ食べるとフォカッチャ気分。ふっ。

 まあ、焦げはともかく、明らかに改善できる点もあるから。
 もっかい、薄く延ばしてやってみましょう。気が向いたら、いつか。



『ああ堂々の自衛隊』読んだ

2008/12/08 20:55 ジャンル: Category:その他の本
TB(0) | CM(0) Edit

ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫)ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫)
(1997/06)
宮嶋 茂樹

商品詳細を見る


憲法を捨てて、軍隊を持とう! 世界中で戦い続けるフリーカメラマン不肖・宮嶋が、自衛隊カンボジア派遣の現場を出港から密着報告。ザ・マサダ2000年刊の再刊。
(Amazonより引用)


 この本がデビュー作なんですね。
 やってることもすごいけと、この文章がまたテンポよくて面白いんだよなあ。

 ちなみに検索したらずいぶんたくさん本を出しててびっくりした…。
 本業よりいい収入源だったりするのだろうか。
『史上最低の作戦』とか昔のやつしか読んだことがないので、最近のも読んでみたくなった。


プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。