ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わっか

2008/02/04 22:13 ジャンル: Category:画像(赤いもの)
TB(0) | CM(0) Edit

まる







つるうめもどき




 いつも遅くまで残っているナナカマドの実も食べられてしまったけど、こっちはまだ。
 よほど不味いのか…。
 ちなみに年末ごろにナナカマドの実をかじってみたが、ものすごく変に苦渋かった。やめたほうがよい。
スポンサーサイト

むにむにしないほうのグミ

2006/01/12 23:23 ジャンル: Category:画像(赤いもの)
TB(0) | CM(0) Edit

アキグミ10月

アキグミ(10月) ※クリックで拡大

 意味もなく、赤いものシリーズ展開中。

 だって冬は寒くて雪ばっかりで、撮るものないんだもん。

 これはアキグミ。子供の頃はただ単にグミと言っていました。
 やたら渋くて、食べると舌がざらざらします。
 ああ、思い出しただけで、ざらざらしてきた…。

ふしぎなことば、ナナカマド

2006/01/07 22:54 ジャンル: Category:画像(赤いもの)
TB(0) | CM(2) Edit

ナナカマドの実11月

ナナカマドの実(11月)

 いただいたコメントの中でナナカマドの実の写真をリクエストいただきましたので!
 と、意気込んでPCのデータをひっくり返してみたものの、あまり撮っていなかった。
 あったのが、もうシーズンも終わった11月に残っていた実と、別のものを撮ろうとしてバックに写っていたものぐらい。
 なぜか。
 ナナカマドの実は、食べられません。とても渋いそうです。
 つまり。
 食べられない実に興味はないのか、自分?
 ちなみに、食べられるものは写真に撮るより、さっさと採りますがね!(大いばり)
 ところが最近、果実酒にできることを知りまして。俄然興味が出てきたりしております。
 ただ、うちの近辺には今も多少残っているのですが、木の高いところにあるし量も少ない。街の街路樹にはびっしりなっているのも見かけますが、わざわざ採りたいほどでもなく。
 今年の秋以降、気が向いたら漬けてみようかなと思っています。

ナナカマドと蜂の巣

「別のものを撮ろうとしてバックにナナカマドが写っていたもの」

 今まではほとんど見たことなかったのに、例のスズメバチの巣といい、今年はなぜか蜂の巣づいていたのです…。
 これは何蜂の巣なのでしょうか? 串団子みたいにナナカマドに刺さっていました。
 もし分かる方がおられたら教えてください~。


●うそ日記でも読む?→「巣」…物置から変な音がして…。



いちいちイチイ

2005/12/26 23:19 ジャンル: Category:画像(赤いもの)
TB(0) | CM(0) Edit

イチイ

 イチイの木です。11月末くらいの写真。
 駐車場にずらーっと並んでいたのですが、これだけ雌株らしく実がついていました。
 家で調べてイチイ(別名アララギ)だと分かりました。
 なんとなく、イチイって、巨木のイメージがありましたが…刈り込んで庭木にもできるのだそうです。
 薬草の本には生薬名「一位葉」として、葉っぱが薬になるとありました。
 山の味覚の本には、実は食べられて、果実酒にできるとありました。

 イチイの実

 でも種は毒なので、種までかじったり、傷ついた種を酒に漬けないように…とのこと。
 けっこうリスキー?

 ところで、上の写真の後ろの木々。
 変じゃないですか?
 あの毛玉みたいなの、全部ヤドリギです。
 あんなにくっついて、大丈夫なのでしょうか。
 個人的には、ここに来るとイチイより気になります…(笑)。

ツルウメモドキ、絡む

2005/12/15 15:58 ジャンル: Category:画像(赤いもの)
TB(0) | CM(0) Edit

ツルウメモドキ、絡む


 クリスマスリースなどに使われる、ツルウメモドキです(たぶん)。
 そして左の斜めの線は、右の古めかしい木の電柱から伸びるワイヤー。

 ぐるぐる巻きです。

 気合入ってますね。

逆光でシクラメン

2005/11/23 00:04 ジャンル: Category:画像(赤いもの)
TB(0) | CM(0) Edit

ミニシクラメン

ミニシクラメン(クリックで拡大)


「ミニシクラメン」という呼び方が正しいのかどうか分かりませんが、つまり小型のシクラメンです。そのまんま。
 鉢を窓際に置いて、逆光で撮ってみました。
 花びらのねじれっぷりがいい感じ~。
 ちょっと踊る炎を思わせます。(をを、詩的。笑)
 あと形でいうとバドミントンの羽根か。
 超うろ覚えですが、昔、夢枕獏の「カメラとは光(色だったかも)を蕩かす機械だと思っていた時期がある」という話を何かで読んだ記憶があります。花に思い切り近寄って、わざとピンボケにしたりしていたようです。
 なんとなく分かる気がします。
 まあ、自分の場合はボケているとがっかりしますが(笑)。
 でもマクロって、すぐボケるんだよなあ。難しい。今回も無駄な写真がいっぱい撮れました…。

 

プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。