ことばあそぶろぐ+

ダジャレ、ソラミミ、もじり、早口言葉、誤変換…ことばであそぼう! 写真もあり。なんでもあり

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べんりな長靴

2011/09/20 22:53 ジャンル: Category:アウトドアぐっず
TB(0) | CM(0) Edit

 またまた続く物欲シリーズ。

 知人が履いていた長靴が、すっごく気になる……!


日本野鳥の会オリジナルの長靴

 日本野鳥の会の長靴。
 そもそもそんなものが存在することを知りませなんだが、日本野鳥の会のホームページにはショッピングのページがあって、「日本野鳥の会では、バードウォッチングに役立つ観察用品をはじめ、野鳥に関した楽しいオリジナル商品を企画・販売しています。目的に応じてご覧下さい。」とのことで、いろいろ便利グッズがあるらしい。
(上記写真は楽天の別ショップにリンク)

 この長靴、やわらかくて折りたたみができるようになっている。コンパクトに収納できて場所をとらないのも便利だけど、足首も自由に動くだろうからとても動きやすそう。あと蒸れなくていいとも言っていた。
 長靴ってしゃがむと爪先にしわが寄って穴開くんだよね…。そういうのも防げるのかな。あの、水たまりにうきうき入って、足に水がしみた瞬間のがっかり感ったらないもんねえ<子供か!

 ところでぐぐろうとして、「日本野鳥の」まで入れたら「日本野鳥の会 長靴」と候補が出てきたのが笑えた。知る人ぞ知る人気商品なのだろうか。みんなどうやって知るのかなあ。

 実際に使っている人を見て、すごく便利そうだと思った。
 気になる~。

日本野鳥の会オリジナルの長靴
↑楽天の検索結果。送料無料のショップだと、日本野鳥の会のHPで買うより安い…

スポンサーサイト

ストックを探せ

2011/09/17 23:57 ジャンル: Category:アウトドアぐっず
TB(0) | CM(0) Edit

 というわけで、ストックをお探し中でございますが。

 前の記事→トレッキングポールを調べてみた

 しかしよくあるパターンで、探すうちに欲が出てきた(お約束)。

・軽い
・短くなる
・一脚に使える

 安いが大前提なので「軽い」と言っても限界があるが、安いアルミ製は1本300g前後。高いカーボン製で200gくらい。
 短くなるかどうかについては、3段ストックだと67cmくらいのが多くて、これだとちょっと長い。低山うろちょろの自分が使うのは、あまり大きくないデイパックなので、あまり長いと邪魔になりそうなのだよね。4段はその分重くなるのと、3段より耐久度が低いとあったがどうなのだろう。

 ちなみに「一脚に使える」は特殊用途なので、また難しい。「一脚」として探すと1万円くらいする。楽天で調べたら1本1990円というのと、69cm322g1本1500円てのがありました。長い…。

 でもって、まあ安かったとのと、楽天の期間限定ポイントがあったので、その69cmの一脚兼用というのを1本買ってみた。
 ……思った以上に安っぽかった。

 いや、やっぱり高いほうがいいと言えばいいんだけどね。
 もう少し、しょうこりもなく探してみている今日この頃。



■VAXPOT(バックスポット)■ハイキングステッキ・ストック(T型)■フォトシステムステッキ
↑こちらは買ったのではない方。T字ストックか、I字+一脚のストックが1本1990円。

 そんなこと迷っているうちに、紅葉シーズン近いなあ…。





トレッキングポールを調べてみた

2011/09/15 22:43 ジャンル: Category:アウトドアぐっず
TB(0) | CM(0) Edit

 今ほしいもの。
 トレッキングポール。
 今というか数年前からほしい。と思うものの多分そんなに使わないことも分かっているので、ン万円も出して買う気になれずほしいほしいとつぶやくに留めておりました。

 と、スノーシューの記事と同じ出だしでお送りする物欲シリーズ(ばか)。
 ちょっと違うとすれば、これはン万円ではないか。1本4千円弱~1万円くらいか。
 つか、1本ですよ!
 なんでこんなに高いんでしょうな。

 トレッキングポール/トレッキングステッキ/トレッキングストック/伸縮ポール(ステッキ・ストック)/登山杖…と呼び名もいろいろ。
 前からあると便利かなとは思っていたが、便利だと実感したのは昨年秋にとある滝を見に行った時。想像以上に登りがきつくて棒切れを杖にしたら、随分ラクだった。

 とは言え、スノーシューと一緒で使用頻度を考えるとそんなに高いものはいらない感じ。冬山はやらないし、去年秋の栗駒山で、かなり上から登ったのに戻ってきて吐いたからネ…。
 前置き相当長くなりましたが、そんなこんなで、安ストック探してみたよ。

 てなわけで、条件。 

・安い。
・伸び縮みする。
・2本(一応ダブルストック用。1本は2本にできないが、2本あれば1本でも使える←?)
・I型グリップ。この手のポールはグリップ(握り)がI型とT型がある。2本使いはI型が一般的。

 楽天で検索したら、2本で2000円台から何点かあった。をを。

楽天でトレッキングポールを探してみる

 買ってみようかなとも思うけど、いや多分買うけど、安いのってどうなのかなあ。
 実は一回買って思った以上に安っぽかったのがありまして。
 多少なら仕方ないんだけどね。むむ。安物買いって難しい。

 ということで検討中なのでありますという話でした。中途半端におしまい!




スノーシューを買ってみた その1

2011/03/21 22:04 ジャンル: Category:アウトドアぐっず
TB(0) | CM(0) Edit

スノーシューを調べてみた その2の続きでありんす。

 買っちゃった。いえーい。
 ATLAS1025をオークションで入手。
 5年くらい前の型のようだけど、やる気満々で挑んだら予算よりも安く済んだ。あんまり出品がなくて相場が分からないけど、どうなんだろう。届いてみたら思ったより使用感があったのは、まあオークションのご愛嬌というやつか。アルミフレームってすぐ傷つくんだよね。

ATLAS(アトラス) 1025  1831826
ATLAS(アトラス) 1025 1831826
ATLAS(アトラス)

商品詳細を見る



※上記はamazonにリンクしています。→楽天の「スノーシュー アトラス」検索結果

 さっそく使いました。近くにだいぶ昔に閉鎖したスキー場跡があるので、その辺をうろうろ。

・ビンディング:スノーシュー自体はTubbsのエントリーモデル(多分)のストラップで固定するタイプを使ったことがあるけれど、アトラス1025は靴をくるむようなパーツがあってフィット感がいい。靴がずれそうもない感じ(変な表現)。
・ブーツ:ハイカットの登山靴に装着した。新雪は数センチだったがどうしても足首の後ろ側が濡れてしまうので、スパッツとか併用したほうがよさそう。遠出しないなら防寒のしっかりしたフィット感のある長靴もいい気がするけど、がぼがぼの薄いのしか持ってない…。
・歩いた印象:登りは普通に進めた。それと斜面を横切る時に、ヒール側に横滑り防止でレール状の爪がついているのでずり落ちづらい。下りだけは、まっすぐ下りようとすると若干滑った。
・機動性:漫画の『岳』で三歩がスノーシューで走ってたので試してみたら、平地では走ろうと思えばある程度走れた。ちょっと感動。それと、雪が柔らかそうなところで1mくらいの高さを飛び降りたら面白かった。まあ壊れたら悲しいから、あまり荒っぽい使い方はしないほうがいいだろうけど。
 そして、やはり歩くと内側はけっこうこすれる。これでフレームに傷がつくのだろう。

岳 4 (ビッグコミックス)岳 4 (ビッグコミックス)
石塚 真一

商品詳細を見る


 ただ3月でもう雪が締まって、ためしにスノーシュー外して歩いたら同じぐらいしか沈まなかった。本格的に試せるのは来シーズンかな。

 しかし。

 気付いた。

 冬の。
 休日に。
 晴れたら。

 スキーしたい。

 特に今年はシーズン券持ってるからな…。
 スノーシュー担いでリフト山頂から散策する手もあるにはあるけど、ボードブーツならともかくスキー靴に装着して歩く気にまではならず。ならばボードに挑戦かと言っても、スキーも満足にできない自分がこれ以上手を広げるのもどうよって感じだし。ボードでパウダー切るのも楽しそうだと最近思うようになったが、「楽しめる」レベルになるまでどれくらいの時間と痛い目を見るんだか。いっそボードよりテレマーク? いやそしたらスノーシューいらないじゃん。そもそもウィンターギアって何でも高けーんだよ。
 ってああいかん。話がよく分からなくなってきた。
 つまり。
 限りある冬レジャーシーズン。時間を有効に使いませう(そんなオチ?)。

雪原うぉーく
 一回行った牧草地、誰もいなくて遊んでしまった。ゼータク。

 しかしこんな記事見ると自分がえらいアウトドア系な気もしてしまうが。
 ほんとは巣ごもり系なのよ。まじで。



 という記事の下書きを保存したのが3月10日。
 で、11日に地震発生。

 スキー場全部臨時休業。
 その後も再開のめど立たず。
(今は遊ぶ気にはなれないだろうし、そもそもガソリン無きゃ行けない…)

 自分も自宅待機でガス欠が怖くて家から離れられず、けっこう活躍してますスノーシュー。
 世の中何があるか本当にわからない…。




スノーシューを調べてみた その2

2011/02/23 22:01 ジャンル: Category:アウトドアぐっず
TB(0) | CM(0) Edit

 「スノーシューを調べてみた その1」の続き。スノーシューを調べますた。

<おさらい>
 平地用と登山用があるスノーシュー。
 値段は山用の方が高い。

うさぎさん、歩く

 自分の用途としては、基本は平地をお散歩程度。ただし本格的な登山はしないがスキー場のゲレンデ程度の斜面はたまに登ってみたい(別にゲレンデを登るわけではない←怒られる)。
 そこで気になったのは、「山用だと平地は歩きにくいのか?」という点。検索してもよく分からなかったが、モンベルのカタログに「マウンテンハイキングモデル(山歩き用)は地形やフィールドにはオールラウンドに対応する反面、重量は重め」とあった。つまり大は小を兼ねるってことでいいのか。まあ平地用はそれなりに軽量化したり歩きやすくしたりの差別化はしてあるのだろうが。

<そんなこんなで、選ぶ時の注意点>
・用途…平地の散策か、登山か。
・重さ…重いと疲れる。使わないような機能までついたモデルだと、重さがデメリットに。例えばハイエンドモデルには登りの時にかかとをサポートする「ヒールリフター」って機能があるけど、山登らない人にはあまり用がなさそう。
・サイズ…大きいほど雪に沈みにくくなるが、足さばきの邪魔になって歩きにくい。長さのほかに幅もあるから、がに股ふうになるんだよねえ。小さいと足回りは軽くなるが、浮力が犠牲になる。
・適合重量…体重+全装備の合計重量。ただ、平地を散策する分には、適合重量より小さいモデルでもそんなに問題にならないらしい。小さい方が歩きやすい面もある。

 サイズはモデル名のあとにつく数字で分かる。アトラス1025なら25インチ、エクスプロア30なら30インチとか。女性なら21~27、男性なら25~30あたりが目安かな。アトラスはさらにELECTRA(エレクトラ)と後ろにつくと女性向けモデルで、フレームが細身になって歩きやすいらしい。

 今回、自分はタブスかアトラスで考えているので、以下は検討中モデル。

<一番手軽なエントリーモデル>
・TUBBS:エクスプロア
・ATLAS:8シリーズ/9シリーズ


 カタログ見ると機能が絞ってあるだけあって、やっぱり軽い。
 軽い方が絶対疲れないし、高いものがいいってわけでもないのかなーとか思ったり。
 このクラスはスターターキット的にポール(ストック)やケースがセットになったモデルも販売されている。


<ほしい気がするもの>
・TUBBS:ベンチャーFS/FLEX NRG
・ATLAS:10シリーズ

 オールラウンドタイプ(なのか?)で、価格帯ではだいたい中間よりちょっと上の2万円台中盤。
 何に使うかあまりよく考えていないあなたにぴったり!(なのか?)
 
  ★楽天の「スノーシュー アトラス」検索結果
  ★楽天の「スノーシュー tubbs」検索結果


 今回の記事はモンベルの店でもらってきたウィンターギアのカタログ冊子を参考にいたしました。スノーシューの分類や選び方が分かりやすく解説してあったので、近くに店舗があったら行ってみるのもおすすめです。

 つーか、そのものずばりなブログ見つけたよ。
  ★スノーシュー解説/snow2007
 メーカーごとに親切に解説してある。最初からここ見てれば…

あとらす1025
 ちなみに最終的に入手したのはコレ。アトラス1025。

※記事長くなったので、機能などの補足は追記にて

スノーシューを調べてみた その1

2011/02/23 21:40 ジャンル: Category:アウトドアぐっず
TB(0) | CM(0) Edit

 今ほしいもの。
 スノーシュー。
 今というか数年前からほしい。と思うものの多分そんなに使わないことも分かっているので、ン万円も出して買う気になれずほしいほしいとつぶやくに留めておりました。

ふゆのあそび
 まあせっかく雪の降るエリアに住んでいることですし、ね。

 で、最近ちょっとまじめに値段とか調べ始めてみた。調べてみると分かるのだけど、スノーシューって選ぶの大変…。
 というわけで、ちょっと自分用にまとめてみたよ。あなたもスノーシューの選び方の参考になれば幸いナノダ。
 まだ買っていないので、勘違いとかあったらご愛嬌ってことで。

 まず何が分かりにくいって、

①種類がそーとーある。
  →おおまかに登山用と平地用。
②山用と里用の中にもカテゴリとランクがある。
  →マウンテニアリング、デイハイキング、アニマルトラッキング、トレイルウォーキング、バックカントリー、レース&ランニング等々…並べただけでちゃぶ台ひっくり返したくなるわい…。どのモデルが何に向いてるんだか素人にはわからん。
③各クラスのモデル名がメーカーごとに違う。そのくせ時々似てたりする。
  →ライトニング・アッセント(MSR)とアセントⅡ(TUBBS)とか…
④モデルチェンジがけっこうあるらしい。
  →オークションにTUBBSの「アドベンチャー」というモデルがたまに出てくるが、公式サイトに今出ているのは「ベンチャーFS」。クラス的には同じなのか?
⑤でもって、数年前のシリーズが公式サイトにない。
  →型落ち品やネットオークションに出ているものの詳細が調べられない。

 まあ多分一番安いのはネットオークションだと思うのだけど、これがうっかりすると難しい。
 オークションの出品だと「数回使っただけの美品です」ぐらいの説明で、何年前のモデルか分からないことがほとんど。上記④のモデルチェンジで無くなった型番だったりするとほぼ調べれられない。それに同じシリーズでも、古いものだと最近のモデルとはツメの数が全然違ったりするようだが⑤の関係で調べにくい。

 そんなこんなで貧乏ゆすりしながら調べた結果。

<よく出てくるスノーシューメーカー> ※各楽天の検索結果へ
MSR(エムエスアール)…登山用ならコレという感じらしい。でも高い。
TSL(ティーエスエル)…平地用ならコレ(以下略) ※今回あんまり調べてない
ATLAS(アトラス)…アウトドアメーカーのモンベルのブランド
TUBBS(タブス)…有名どころ?



※その他。適当に検索ワード足して絞り込むといいよ!←雑
  ★楽天 アウトドア>スノーシュー カテゴリへ
  ★amazonのスノーシューカテゴリ

 価格は一番安い里用のエントリーモデルで17000円ぐらいからで、山用のになると3万円台~というところか。
 で、自分としてはMSRはオークションでも何でもどうあっても高い、TSLはぱっと見があまり好きではないということで、今はタブスかアトラスの方向で考えております。MSRは山での機動性を高めるためにかなり機能を特化していて、その分いいお値段…とかどこかで見た。シビアな登山とかするならオススメなのかな。自分はそこまで高機能は求めておりませんで…。
 あと、楽天で検索すると「ドッペルギャンガー」というメーカーのが5000円くらいから出てくる。足を固定するビンディング(ストラップ)がずれやすいけど、ワカサギ釣りとかでちょっと使うならこれで充分と何かで見た。参考までに。

D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア)スノーシュー SW-13S S ブラウンチェック
・D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア)スノーシュー

 正直、実際はちょっと歩くぐらいなら、どんなモデルでもそんなに困らないとは思う。けど、やっぱり高いしどうせ買うならいいものが欲しいよね…とか迷ううちに買いそびれて今に至る。
 さあ今度こそ買えるのか貧乏性な自分! 以下次号!(?)
 →「スノーシューを調べてみた その2」


アトラススノーシューのモデル説明へ
↑アトラスのHPはモデルの説明がXY軸の表になってて分かりやすいかも。
 あとの各メーカーのHPはぐぐるとすぐ出てくるだす(←やる気ナッシング)。

プロフィール

rizwords

  • Author:rizwords
  • ◆当地は…

    言葉遊びの国です。

    …でしたが、最近は写真やら読書やら雑記やら怪我のリハビリの吹き溜まりになっています。
    それぞれ雰囲気が全く違うので、お好きなカテゴリーを選択してご覧くださいませ…。







counter

ブログ内検索
Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。